達人たちの勉強術がよくわかる!スマホで勉強!「クラウドどこでも勉強術」
国際化社会と言われる今日、海外の人とのコミュニケーションの手段として、英語は欠かせないものとなってきた。英語を苦手とする社会人の中には、必死に勉強している人も多いだろう。

そんな社会人の勉強は、英語だけにとどまらない。仕事や自分を磨くために色々な分野を深く追求する必要がある。また業界のトップリーダーと言われる人がどのような勉強法を実践してきたのか、気になる人はいないだろうか。

そうした人に向けて、新しいスタイルの書籍が発売された。スマートフォンを活用した「クラウドどこでも勉強術」だ。

■スマホで学べるアプリを解説
Android端末をはじめ、iPhoneやiPadのアプリは、現在、100万以上あると言われている。その中には語学を楽しく学べるアプリがたくさんあるものの、とにかく数が多いので、自分に最適なアプリをさがし出すだけでも一苦労だ。本書では、語学系のアプリや動画など、スマートフォンを学習用ツールに変える定番アプリを解説している。

また学習の定番である「NHKのラジオ講座」を聞くアプリやスマートフォンでストリーミングする方法なども図解付きで解説しているので、スマートフォンでラジオ講座を勉強したいと考えていた人には、大いに参考になるだろう。

さらに語学だけに留まらず、社会人が学ぶべき勉強のテーマの見つけ方や、スケジュール管理方法など、アナログの手法も詳しく解説している。スキルアップを目指している人には、心強い内容となっている。

■究極のEvernote勉強活用法を伝授
情報を一元管理できるツールとして、クラウドサービス「Evernote」が注目を集めている。Evernoteを使えば、スマートフォンとパソコンとでシームレスにデータを共有できるので、効率的に学習できる。そんなEvernote勉強活用法を解説している点も、本書の特長のひとつだ。

たとえば、「ノートブック」のスタック機能を勉強の復習に活用する方法やYahoo! Pipesで情報収集を自動化する仕組みなど図解付きで具体的に紹介している。

また最近は電子版の新聞が増えてきた。日経新聞電子版の利用者は現在10万人以上と言われている。朝日新聞も電子版を開始し、新聞の電子化はますます普及していくものと見られている。Evernoteを活用したそれら電子新聞の効率的なクリッピング法も紹介されている。

本書を読めば、究極とも言えるEvernote勉強活用法を知ることができる。

■トップリーダーの勉強術を一挙に紹介
どの業界でも、トップリーダーは憧れの存在だ。彼らはいったい、どういう勉強をして、トップの座まで上り詰めたのだろうか。

本書では、わずか1年で難関の司法書士試験に合格した元コロッケ屋店員の資格取得勉強術、元大手外資系コンサルティング企業勤務のロジカルシンキング勉強術、、「名言/格言」をコツコツ勉強して習慣化する方法、また朝勉強会、朝読書会を主催している出来るビジネスパーソンなど、10余名の取材レポートがまとめられている。

自分の専門分野を磨いた各業界のトップリーダーの勉強法を知ることができるわけだ。


空前のスマートフォン・ブームと言われる今日、スマートフォンをスキルアップの道具として使わない手はない。

ここで紹介した「クラウドどこでも勉強術」を読めば、Evernoteやクラウドツール、スマートフォンを活用して、通勤時間や待ち合わせの空き時間などの非生産時間を、有効的に活用した勉強法を知ることができる。

自分自身をスキルアップしたい社会人には、最良の書と言ってもよいだろう。

●「クラウドどこでも勉強術」
出版:日本能率協会マネジメントセンター(JMAM)
著者:村上崇(むらかみたかし)著
内容:232ページ
価格:1,470円(税込み)
ISBN-10:4820718185
発売:2011年5月23日全国一斉発売

「クラウドどこでも勉強術」