つらいストレスを軽減させる5つの方法

写真拡大

 最近疲れが取れない、ストレスがたまってイライラしている、という状態が続いてはいませんか?

 そんな時、ストレスは体だけではなく、脳も感じています。ストレスとうまく付き合っているためには、脳もストレスに負けにないように強くならないといけません。
 脳は、活性化を習慣づけたり、脳によいことをすることで「育てること」ができます。落ち込みやすい人はストレスを受け流す部分を「育脳」することで、ストレスに負けない脳にすることができるのです。今回は『育脳の技術』(有田秀穂/著、主婦と生活社/刊)より「育脳」の方法を紹介します。

1、呼吸に集中したウォーキング・ジョギングを行う
 一定のリズムで歩いたり走ったりすることは脳が活性化し、「育脳」に効果的です。ただし、歩く、走るという運動に意識を集中させる必要があります。ウォーキングは時速5~6キロくらいの速さで、ジョギングは時速8キロくらいの速さで、腹式呼吸を行うとさらに効果がUPします。風景に目がいかないように、いつも同じコースを選ぶとよいでしょう。

2、一定のリズムでガムを噛む
 ものを噛む時、意識して一定のリズムで噛むようにすれば、それだけで「育脳」になります。この時、言葉を話したり、文書を読んだりする時に使う言語脳を使わないように気をつけて下さい。なるべく「噛む」ことだけに集中して行わないと効果が得られません。「リズミカルに刻むこと」に集中しながらガムを噛むようにしましょう。

3、入浴は寝る前がおすすめ
 人間の体は普通、眠る時は脳の温度や体温が下がり気味になります。寝る前に体をちょっと温めてから寝ると質のよい睡眠が得られます。よい睡眠はストレスを解消する効果があり、ぬるめのお湯にゆっくり浸かるだけでぐんと育脳効果があるのです。時間がある時はお風呂の中でストレッチをするのもいいですね。

4、「井戸端会議」や「ちょい飲み」をする
 時間帯に応じて過ごした方を工夫することでストレス解消になり、育脳効果が上がります。お茶のみ話、井戸端会議、ランチ会などは積極的に参加しましょう。人と話すことは脳の活性化に有効です。また、仕事帰りに「ちょい飲み」に行くことも、おしゃべりを楽しみながら情報収集やストレス解消ができるでしょう。

5、息を抜く生活を心がける
 良質の睡眠を得るためには「寝るまでの準備が必要」なので、パソコン、ゲーム、携帯電話を極力使わないようにすることを心がけましょう。睡眠にとって大切なホルモンには電磁波がよくありません。また、昼夜逆転の生活はもっての外です。遅くても夜12時には寝ることをおすすめします。

 日常生活を、少し工夫するだけで脳を育てることができるんですね。ストレスに負けずに、楽しく毎日を送るために、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。
(新刊JP編集部 川口絵里子)



【関連記事】 元記事はこちら
脳トレにも使える? 速記の魅力
大学時代に“1万冊の本”を読んだビジネスパーソンの正体
優れたトレーダーの脳の使い方
「楽観的に生きれば脳は活性化する」 茂木健一郎氏、単独インタビュー