カップルが長続きするための相性 大事なのは“食事”と“身体”

写真拡大

 「付き合ってもなかなか長続きしない」
 「彼氏が浮気してすぐに別れてしまった」
 「付き合ってみたらなんとなく違った」

 違う人間ですし、性別も違いますから、価値観の違いは生まれるのは当然です。その中で、カップルが長く付き合っていくためにはどうすればいいのでしょうか。「流生命」占いなどで知られる下ヨシ子さんは『下ヨシ子の恋愛昇運』(徳間書店/刊)で、女性たちに次のようなアドバイスを送ります。

◆ある程度の素っけなさは大事
 ひたむきに愛を注いだとしても、相手に「重い」と思われては逆効果です。恋人同士になれば「この人は自分のもの」と独占欲がいっそう強くなってしまうのは当然のこと。しかし、恋人という非常に近しい関係だからこそ、ある程度の素っけなさが必要だと下さんはいいます。
 こちらからの電話はあえて控えめにして、相手から電話があったらいかにも嬉しそうに出たり、デートの誘いがあっても先に友人との先約が入っていたら無理をせずに断るなどして、程よい距離感を保つのです。

◆キャバクラ通いは大らかにお灸を据えて
 よく「彼がキャバクラに行ったのが許せない」という人がいます。そんなとき、下さんは、まずは落ち着いて、どの程度相手に気持ちがいってしまっているのかを冷静に把握することが大切だといいます。
 キャバクラや風俗も、結局はビジネスです。男はお金を使って擬似恋愛を楽しんでいるだけであり、女性が本気になって怒ったり、嘆いたりするレベルではないといいます。また、男性には男性同士の付き合いもあるため、「あんまり調子に乗らないでね」ぐらいのお灸を据えるにとどめ、自分の大らかさをアピールするチャンスに変えてしまうのが賢いやり方であると下さんは説きます。

◆食事の好みがまったく合わないときは別れるべき?
 相手と趣味や考え方が違っていても、お付き合いはできる。でも、食事の好みがまったく合わない場合は、おつき合い自体を見直したほうがいいかも知れない、と下さんは言います。
 結婚を見据えた交際に発展したとき、食事は毎日共にしなくてはいけなくなるでしょう。下さんは様々な夫婦を見てきたなかで、やはり食事の好みが合わないカップルは、遅かれ早かれうまくいかなくなるケースがほとんどだったそうです。
 また、身体の相性も無視できないものです。下さんは「セックスは愛を確かめ合う重要で崇高な行為ですし、子孫繁栄のためにも欠かせません。ある意味、生きる根本が合わないといえます」と注意を促します。食事と身体の相性、この2つはカップルが長続きするために必ずチェックしなければいけないものといえます。

 好きな人と付き合い始めたら、出来る限り長く付き合っていきたいということは多くの人が思うこと。
 しかし、自分も相手も自分のことしか考えず、エゴイスティックになってしまってはいずれすれ違いが生まれ、破局に向かってしまいます。下さんは本書を通して、相手を尊重することの大切さを説いています。その尊重する気持ちが、自分が愛されることにつながるのです。
(新刊JP編集部)



【関連記事】 元記事はこちら
イマドキの女性はどんなセックスをしているのか?
女性はどれくらいマスターベーションをするのか
どうして日本人のカップルはセックスレスになるの?
男性のセックスは勘違いだらけ