漫画家・佐藤秀峰日記「売​り​上​げ​報​告​。」

写真拡大




今回は漫画家・佐藤秀峰さんのブログからご寄稿いただきました。この中でいう「売上げ」とは佐藤氏が主催する有料オンラインコミックサイト「漫画onWeb」というサイトの売り上げのことです。

漫画家・佐藤秀峰日記「売​り​上​げ​報​告​。」
最近、色んな企業の方から、協業のお申し出や事業提携のお話が舞い込むので、少々ビビっております。

経営者としては素人に近い僕ですが、「そういや、どんくらいもうけてんだべな?」ということで、売り上げを確認してみたところ、2009年の10月に有料オンラインコミックの販売を開始して以来、1年半で800万円弱のポイントの売り上げがありました。他にも、事業提携している他サイトさんでの売り上げなどを合わせると、ちょうど1000万円を少し超えたくらいです。

この数字を多いと見るか、少ないと見るかは、人によるかもしれませんが、他の同人サイトさんなどでは、ダウンロード販売で毎月1億円以上の売り上げを出しているみたいですし、やっぱり少ないんだろうなぁ、と思います。出展者の皆さんには、あまり多くの売り上げをお渡しできていなくて申し訳ないです。後10倍がんばります。

個人的には、オークションやら、ウェブを通じていただいたお仕事も勘定すると、悪くはない感じですが、紙媒体で漫画を描かなくても生活できるところまでは、まだ至っておりません。紙もウェブも、車の両輪といった感じですね。

『iPad』が発売になったときは、これで世界が変わるんじゃないかと期待しましたが、そんなに急激に何かが変わることもなく、でも、タブレット型のパソコンは着実に浸透していて、2,3年後には、『iPhone』のようにスタンダードになるのかなぁ、と思っています。急には変わらないのですが、変わり続ける世界に置いていかれないように、ついていきたいですね。

えーっと……、これからも頑張るぞ! というお話でした。“皆のために”っていうのは苦手なんですけど、自分のためだけにがんばるのも苦手だし、漫画のためになればいいなぁ、と思っています。

執筆: この記事は漫画家・佐藤秀峰さんのブログからご寄稿いただきました。

■関連記事
漫画家・佐藤秀峰日記「不調……」
漫画家・佐藤秀峰「”ブラよろ”をコピーして売ってもいい」
電子出版はマンガの救世主になるのか? 漫画家『佐藤秀峰』連続インタビュー
ミリオンセラー『ブラックジャックによろしく』全巻無料公開のインパクト 漫画家『佐藤秀峰』連続インタビュー
「これは、君の本じゃないから」と出版社の人に言われたんです 『佐藤秀峰』連続インタビュー