サンフランシスコで“ヨーグルト”といえば実は意外にも……

写真拡大




先月、記者がサンフランシスコを訪れた際、気になったお店を紹介したい。
その名を『Yumi Yogrt』というスイーツ店だ。
記者の本名は、”ゆみ”なので、自分の名前が入った店に興味津々であった。

ところがこの店、ヨーグルトと名前がついているにも関わらず、売っているのはソフトアイスクリームなのだという。
それなのに何故、ヨーグルトと名がつくのか、理由を聞いてみた。
「アメリカ人は、カロリーをとても気にする。そこで、アイスクリームにヨーグルトを混ぜて、カロリーを抑え、軽くしたスイーツをヨーグルトと呼ぶ」とのこと。
確かに、アメリカでアイスクリームと呼ばれている商品は、生クリームをそのまま凍らせたような味がして、とてもハイカロリーなものが多い。

さて、この『Yumi Yogrt』だが、いかにもアメリカ的で、合理的なショップになっているそうだ。
そこで、店へ行く前に、買い方の説明をうけた。

まず、並んでいるソフトクリームマシンから、好きなアイスを選び、カップに投入する。
これは何種類選んでも大丈夫。もちろんテイスティングは、無料ですることができる。

そして数種類あるトッピングの中から好きなものを選び、アイスにかける。
と、以上で出来上がりである。
サンフランシスコでヨーグルトといえば
ここで注意しなければいけないのは、アイスの値段が入れた重さで決まること。
美味しそうだからと調子にのって入れ過ぎると、高いアイスになってしまう。

客が自分で作り、その会計をするだけなので、店員の人件費が抑えられるのだそうだ。
店内を清潔にすることだけを心がければ、簡単にできる商売なのかもしれない。
以上の注意点を聞き、お店へと向かった。

だが、記者の英語の発音が悪かったのか、着いた先は『Ruby's Yogurt』だった。
仕組みは『Yumi Yogrt』と同じとのことだったが、英語力のなさを痛感し、内心は複雑であった。

早速、店内に入る。店の奥にアイスマシンがずらりと並んでいる。“タロイモ”といった変わり種や、“カップケーキ”、“マンゴー”、“チョコレート”など、種類が豊富。トッピングも、フルーツやナッツ、クッキーなどバラエティー豊かだ。
記者は、カップケーキとバニラをチョイスし、オレオクッキーをたっぷりとかけてみた。
重くならないように気を使ったつもりだったが、少々高めの値段になってしまった。

店の看板に、“フローズンヨーグルト”と書かれているため、もっとヨーグルト的な味だと思っていたが、食べてみると、くどくない普通のアイスクリームだった。
何でも濃い味になってしまうアメリカのイメージからすると、意外なほどあっさりとしていた。

また、気になったのが、壁に貼ってあるハートの紙。よく見てみると、なにやら名前が書いてある。
もしやこれは日本でいう、ここに来た有名人のサインなのか? と、思ったが、日本の震災に寄付してくださった方々の名前だという。
サンフランシスコでヨーグルトといえば
本当に感謝しても感謝しきれない。日本への心遣いが、とてもうれしく感じられた。

もしまたサンフランシスコへ行く機会があれば、今度こそ、『Yumi Yogrt』に連れて行ってもらおうと思っている。その時までに、しっかりと英語をマスターしなくては。
しかし、他にも“Yogurt”と名の付く店が存在するため、再度、違う店へ連れて行かれる可能性も否定できないが。

●参考サイト 
『Yumi Yogurt』
http://www.foodnut.com/166/yogurt-place-reviews/

『Ruby's Yogurt』
http://www.rubyyogurtsmoothies.com/menu.html

※画像は『igosso画像検索』より
http://www.igosso.net/

※この記事はガジェ通一芸記者の「ももぷに」さんが執筆しました。
●ももぷにさんプロフィール:習慣 芸能ニュースチェック、苦手 家の掃除、好きなこと 音楽を聴くこと、チャレンジ ダイエット、特技 体が妙に柔らかい、尊敬する人 矢沢永吉 これは! と思うニュースを紹介していきます。よろしくお願いします!!

■関連記事
【マクドナルド】200円で完成! ボリューム満点オリジナルバーガーのつくりかた
最近のプラモデルって凄いんだぜ? って噂を聞いたのでプラモデル作ってみた
痛車が1000台集結!『第4回 痛Gふぇすた in お台場』レポート!
もっと誠意を見せる “華麗なる土下座たち”
【レポート】全メニュー完全制覇! 『みよしB級グルメフェスタ』に行ってきたよ