(ネタバレ注意)「GOSICK-ゴシック-」第19話、そこにいたのは、私だった。

写真拡大

(画像:amazon.co.jp)
第19話「薔薇色の人生は新雪に埋もれる」TVアニメ「ゴシック」第19話が放送された。

ソヴュールに訪れ、初めて雪を見て喜ぶ一弥。そんな雪景色に包まれる中、ヴィクトリカへクリスマス兼誕生日プレゼントを買うためにソヴレムに向かう。
 
ソヴレムの劇場”ファントム”で、舞台「ソヴレムの青い薔薇」のクリスマス公演が行われる事をゾフィに教えてもらう。それはかつて、ヴィクトリカの母・コルデリアが踊り子として舞台に上がっていた場所でもあった…。
 
ヴィクトリカ誕生の秘密舞台からさらわれ、望まない子を産まされ、精神病院で生活を送ったコルデリア。それは、とても幸せと呼べる半生ではありませんでしたが、そんな中でも、娘・ヴィクトリカの事を、決して忘れる事はありませんでした。

望まなかった子だったとしても、母が娘を思う気持ちはしっかりとうまれたようです。

そして、ブライアン・ロスコーがヴィクトリカを憎む理由が、ここで明かされていました。

ブロワ侯爵が決めたという、クリスマスに行われる「ソヴレムの青い薔薇」。ヴィクトリカにとっての誕生日、そしてコルデリアにとっての汚辱に濡れた忌むべき日。
 
そんなクリスマス、この舞台で何が行われようとしているのか…?

次回は第20話、「ファントムの幽霊に導かれる」です。

(C)2011 桜庭一樹・武田日向・角川書店/GOSICK製作委員会

▼外部リンク
GOSICK-ゴシック-
GOSICK-ゴシック-BD版 第2巻 [Blu-ray]

■関連記事
PS3「ToHeart2 DX PLUS」9月発売
ヤングジャンプコミックス「ローゼンメイデン」第5巻発売。
アニメ「TIGER & BUNNY」BD&DVD第1巻発売
3DS「バイオハザード ザ・マーセナリーズ3D」発売直前ムービー公開
「フリージング」DVD&BD第3巻発売!