ここしばらく乱高下が続いた為替市場。FX(外国為替証拠金取引)投資家の中にもどうトレードしていいか悩む人は少なくないだろう。そこで眞鍋かをりが、マネックスFXの勝屋敏彦社長にトレードで成果を上げている人の条件を聞いた。

* * *
眞鍋:FXで着実に利益を上げている方と、そうでない方の違いってなんでしょう?

勝屋:長く取引をされている方を見ていると、リスク管理をしっかりなさって、負けは最小に抑えて、コツコツを利益を上げられている方が多いです。人って、損をすると先送りしたくなるんですよ。「もう少ししたら、反転するかも・・・」と情に流されて傷口を広げてしまうのが、最も危険です。

眞鍋:なるほど。FXに情はいらない! と。

勝屋:パッションは必要ですよ。でも、あくまでクールマインドで。

眞鍋:これだけはやっておいたほうがいいよ! というアドバイスをいただけませんか?

勝屋:当社の「マネックスJoo」でいえば、アラート機能を設定していただくなと、便利な機能はできるだけ駆使していただきたい。そのための説明や解説は、いくらでもさせていただきますので。為替って、サッカー観戦でありがちな、ふとよそ見をした瞬間にゴールシーンを見逃してしまう、ということが起こるんです。

眞鍋:2時間観てたのに〜!! みたいな。為替も一瞬で状況がガラッと変わってしまうことがありますからね。

勝屋:とはいえ、ランダムに動く為替で完璧な予測は不可能ですから、そこは便利な機能を使っていただくべきかと思います。プロが24時間ツイートし続けるというツイッターも始めましたし、4月からは、スマートフォンでのアプリ展開もスタートします。

眞鍋:すごいですね。「NY為替に動きなう」的な(笑)。フォローさせていただきます! マネックスFXさんのように至れり尽くせりなら、私でも大丈夫かもしれない! でも夜中に「助けてください〜!!」って電話しちゃうかもしれません。

勝屋:そうならないように、セミナーやデモ取引でしっかり学んでくださいね。

眞鍋:ハイ、がんばります…。

※マネーポスト2011年5月号




■関連記事
「大証FX」取引手数料を業界最安値88円に値下げ
為替の取引量は1日平均372兆円 1年では「京円」単位に
為替相場で「4月や10月は円安になりやすい」といわれる理由
スマートフォンに変えたい理由「仕事がデキそうに見える」