maurice masterpiece1.jpg2011年3月24日〜31日にスイスで開催されたバーゼルワールドにて、MAURICE LACROIX(モーリス・ラクロア)が『マスターピース・ルー・カレ・セコンド』を発表しました。

このモデルはモーリス・ラクロアが、ルー・カレ(フランス語で「四角い歯車」の意)のスモールセコンドにスポットライトを当て、開発したものです。決して見る者の目を捕らえて離さない、真に魅力的な時計となっています。






(写真は『マスターピース・ルー・カレ・セコンド』 予価94万5000円 税込)




この時計の最大の魅力はなんといっても、非常に複雑かつ精密なスモールセコンドでしょう。

手作業によって装飾が施されたクローバー形の歯車と、幾何学的に装飾された四角い歯車が噛み合うことで駆動する、そのスムーズでリズミカルな回転によっ て、スモールセコンドが目の前で生き生きと時を刻みます。異なる形状の歯車が噛み合うこの2つの機構は、非常にダイナミックな光景を生み出し、規則正しい 時間の経過を伝えます。
また、スモールセコンドを際立たせるため、時分針はスーパールミノヴァを塗布したシンプルなセンター針で表示され、3時位置のパワーリザーブ表示が全体のバランスを取ります。

maurice masterpiece2.jpgシルバーダイヤル。洗練された印象を与えます。



高度なテクノロジーと創造性に溢れる才能が融合した「マスターピース・ルー・カレ・セコンド」には、モーリス・ラクロアとその「マスターピース」コレクションの哲学が凝縮されています。
それは、技術的ノウハウと美しく完璧なフォルムを噛み合わせてデザインの限界に挑戦する哲学、また、時間の表示そのものを変えようと試みる哲学です。
時計製造の極致的技術が駆使されたこのモデルは、単なる道具ではなく、時計の歴史に新たな軌跡を残すでしょう。


【マスターピース・ルー・カレ・セコンド】

 ■基本情報
 ・価格         :予価94万5000円(税込)
 ・発売         : 2011年9月
  ・カラー                 :ブラックダイヤル(MP7158-SS001-900)・シルバーダイヤル(MP7158-SS001-901)
 ・サイズ        :直径43mm
 ・振動数       :18,000振動/時
 ・ケース        :ステンレススティール
 ・ガラス         :ドーム型サファイアクリスタル(両面反射防止加工)
 ・防水          :5気圧防水
 ・ストラップ          :ブラックのクロコダイルストラップ、ブラックカーフのライニング、ブラックのステッチ
 ・機能              :時分表示、スモールセコンド表示、パワーリザーブ表示
 ・仕様        :ML156(手巻)
 ・石数           :34石


【問】
モーリス・ラクロア URL: http://www.maurice-lacroix.jp
DKSHジャパン TEL: 03-5441-4515



■関連記事
【バーゼル新作情報】コルムが『ゴールデンブリッジ・オートマチック』を発表
【バーゼル新作情報】グッチが 『グッチ クーペ 90周年アニバーサリー スペシャルエディション』及び『G-タイムレス スポーツ X ラージ』を発表
【バーゼル新作情報】ウブロが『ビッグ・バン ゴールド レオパード』を発表
【バーゼル新作情報】ブライトリングが『ベントレー・バーナート』を発表
【バーゼル新作情報】グラハムが『クロノファイター フォートレス』を発表
【バーゼル新作情報】ルイ・ヴィトンが『タンブール ラブリーカップ』シリーズに新モデルを発表
【バーゼル新作情報】HD3が『スライド』を発表
【バーゼル新作情報】ソルディ S.P.Aより『スクーデリア・フェラーリ』が発売
【バーゼル新作情報】ドゥグリソゴノが『メカニコ dG 』のブラックバージョンを発表
【バーゼル新作情報】ショパールが 『L.U.C クアトロ』を発表