こうの史代がボールペンで『古事記』を描く――ウェブ平凡で新連載スタート

写真拡大

『夕凪の街 桜の国』『この世界の片隅に』などの作品で知られるマンガ家のこうの史代さんが、Webマガジン「ウェブ平凡」で新連載「ぼおるぺん古事記」を開始しました。

「こうの史代の新連載は“古事記” 」の写真・リンク付きの記事

▽ こうの史代【ぼおるぺん古事記】

▽ 今日の平凡社: こうの史代さん新連載、始まりました!

5月26日(木)にスタートした「ぼおるぺん古事記」は、日本最古の歴史書として知られている『古事記』をモチーフにした作品です。製本の際に切り落とされる部分「裁ち落とし領域」には、作品を書いた日付と天気、一言コメントが添えられています。「ぼおるぺん古事記」はほぼ毎日、1枚ずつ更新される予定です。

人気マンガ家の新連載に、はてなブックマークのコメント欄には「おおおおお!これは期待!」「気になる」「欄外も素敵(^^) 」などの声が集まっています。

ウェブ平凡は出版社の平凡社が運営するWebマガジンです。こうのさんは同媒体で、2010年9月までエッセイマンガ「平凡倶楽部」を連載していました。

関連エントリー