マナトレ ハイム、サローネ等海外見本市のトレンドセミナー開催

写真拡大

マナトレーディング(株)は、5月25日(水)・26日(木)の両日、同社東京ショールームにて、ハイムテキスタイル、ケルン国際家具見本市、メゾン・エ・オブジェ、パリデコオフ、ミラノサローネなど、今年1月から5月までに開催された海外展示会のトレンドセミナーを開催した。今年前半開催の主要見本市をすべて網羅したセミナーというだけあり、ICやショップ関係者など多数の参加者が集まった。
セミナーでは、まず各見本市のトレンドエリアの情報を解説、その後会場内の注目ブースを豊富な画像を用いて紹介した。今年のトレンドカラーはブルー。会場では濃淡さまざまなブルーが展開されていたとし、デザイン的にもっとも注目度の高いミラノサローネでのブルー展開はさらに強まっていたと指摘した。またパターンではぼかし調、テクスチャーでは手仕事的なものやダメージ加工などが注目された。
こうしたトレンドを具現化したものとして、一昨年から取り扱いを開始した「ルベリ」や今年2月よりスタートした「ROMO」、昨年150周年を迎え話題となった「サンダーソン」、ケルンで注目を集めた「シナサンド」他、マナトレーディングが取り扱う海外テキスタイルエディターの新作コレクションの紹介も行われた。
なお同社では、同様のトレンドセミナーを名古屋、大阪でも開催する。

■インテリアトレンドセミナーの予定
<名古屋>
会場:マナトレーディング名古屋ショールーム
日時:6月1日(水) 11:00〜/15:00〜
定員:各回50名
申込締切:5月27日(金)
<大阪>
会場:マナトレーディング大阪ショールーム
日時:6月8日 (水) 10:30〜 /14:30〜
定員:各回50名
申込締切:6月3日(金)