アイドリング!!!海外進出!?リーダー・遠藤まいぷる、結成5周年に向けて仕掛けたいコトって!?

写真拡大


東京スカイツリーに沸く東京の下町を舞台に、人気の短足猫マンチカンと、張りのない日常を送る少女がおりなすミラクルストーリー、映画『コネコノキモチ』で単独初主演、同作の主題歌でソロデビューを飾ったアイドリング!!!のリーダー遠藤舞が、今秋のアイドリング!!!結成5周年を前に、新たなステージへ駆け上がるための秘策(?)や抱負を語った。

 まずは主題歌の話。タイトルは「空の木」で、切なく温かいストーリーの本作にピッタリのメロディーを、遠藤ならではの感性でコーディネートしている。いつものアイドリング!!!としてのレコーディングとは少々勝手が違ったようで、「グループで歌うことと違って、ユニゾンで皆で合わせて歌うことがないので、自分で自由に歌えました。それはいいなあと思いましたね」とソロ感想を吐露。ただ、だからといって、「いつもより意気込むとか、アレンジして声を張り上げたりはしなかったですね(笑)」とテンションをむやみに上げることはせず、「そういう曲調でもないし、逆に力を抜いてリラックスしようと思いました。いつもは立って録音するところを、今回はイスに座ってリラックスしてレコーディングに臨むほど落ち着いていましたね」と穏やかにレコーディングを終えたことを明かした。

 映画単独初主演に主題歌ソロと、ファンも知らない遠藤舞がスクリーンに映し出されている。「そうですね。初出し、みたいな側面があると思います。遠藤舞、出ちゃいましたね(笑)。深く考えると恥ずかしいです」と取材中、一瞬、素に戻った遠藤。そして、「もともと注目されることを、恥ずかしく感じるタイプなんです。この仕事をする人間として致命的なことを言っている気がしますが(笑)、わたしのことを『あまり見ないで!』というタイプで18年間ぐらい生きてきたので、内輪の友だちだけでワイワイやっていれば十分の女の子でした」とトップアイドルとしては意外な内面まで告白!? でも、「うれしいことに先日もファンの皆さんとの握手会があったのですが、『映画初主演と主題歌ソロデビューおめでとう!』『すごく楽しみです!』と言ってくださる方たちがあまりにも多かったので、素直にうれしかったです」と心の支えとなっているファンの声援に元気づけられたようだ。

 とはいえ、デビューして数年が経ち、アイドリング!!!もこの秋結成5周年。さすがに注目されることが苦手というよりは、むしろ注目されたいほうにシフトしているはずだが、「微妙なところですね(笑)」とアッサリ答えを保留する遠藤。「全く注目されない状態は嫌ですし、逆にすごく見られると委縮しちゃう。構ってほしいくせに、1人だけ祭り上げられると辛くなる。どっちなんだよってカンジですよね(笑)」と乙女の心情は、複雑なご様子だ。しかし、「自分でも成長したなあと思うのは、昔は人前で歌うことが苦手でした。中学生の時の音楽のテストが大嫌いで、先生は1対1で試験をやってくれましたが、先生に聴かれることは仕方がないにしても、わたしの次の出席番号の人が座って待っていて、その人に聴かれることすら嫌でした(笑)」と極度な歌嫌いだったとか。中学生の多感な時期、クラスメイトに歌声を聴かれたくない気持ちはわからなくもないが、「友だちとカラオケに行ったとしても、積極的に歌いたいとは思わないほどでしたね」ともはや重度の歌嫌いのレベルに到達していたのだ。そんな遠藤だが、「日比谷公会堂でライブをやった時に、アイドリング!!!の曲を1曲、ソロで歌わせていただいたことがありました。満員のお客さんを前にして歌い終わった後に、『やったったぜ!』という感情がこみ上げてきて(笑)。わたし、変わったなあって、その時思いましたね」。つまり、注目は浴びるけれども、アイドルという今の仕事が彼女を大きく成長させたのだ。「成長というと大げさですが、考えかたが変わったなあという感じでした。あれだけの人前で――1人の前で歌うことさえ嫌だったのに、数1,000人を前にして歌えるようになって。人間って、変わるなあって思いましたね。この仕事をしていなければ、歌嫌いなまま、人生が終わってしまったと思います(笑)」。

 遠藤ソロの飛躍のみならず、今年はアイドリング!!!としても何か仕掛けたいとリーダーとして理想を抱く。「何かあるかもしれないですね(笑)。アイドリング!!!は次の10月で5年になりますが、同じ番組が5年間続いていることがまず驚きで、すごくありがたいのですが、そろそろ何か変えたいなと思っているところです。今年は卒業生も新入生もなかったので、しれっと4月を迎えて、しれっと今年度に入りまたしたが(笑)、今年は皆で何かやりたいなと思っています。だって、何も変化がないと寂しいじゃないですか」。メンバー間でも5周年に向けての話題が飛び出ているそうだが、「大きいホールでライブをしてとか、海外を飛び回ろうとか、話題にはしています。去年、台湾に皆で行きました。だから今年は台湾だけでなく、アジア全土に行きたいとか夢を語っています。日本でさえ行ったことがない場所が多いのに(笑)。ただ、デカいことを言い過ぎて、それで終わってしまうことが多いですね(笑)。そういうパターンが多すぎるので、もっとリアリティーのある内容で計画を進めていくことが今後の課題ですね」。アイドリング!!!5周年のサプライズは、はたして実現するのか!? 真剣な眼差しの遠藤を見ていると何かやってくれそうな気がする!

衣装協力:PEANUTS

映画『コネコノキモチ』は、2011年5月14日(土)より、シネマート六本木、ワーナー・マイカル・シネマズ板橋ほか全国順次公開中。


遠藤舞



■関連記事
あの人気アイドルたちの小学生当時の映像が初々しくて可愛すぎる!
『アイドルマスター』の美少女キャラクターの骨格がオカシイと話題に
人気アイドルグループからの脱退の理由
既婚の噂が流れたグラドルがブログで完全否定! 年齢詐称疑惑も浮上?
14歳アイドルが原発のリスクを語るブログが話題に 孫正義氏も「同意!」とツイート