karuta-1
テキスト系妄想メディア「ワラパッパ (WARAPAPPA )」より

様々な知識や生きる術など、簡潔な言葉で伝えることができる「ことわざ」。世代から世代へと言い伝えられるものですが、なかにはどうにも古臭くて、イマイチ伝わらないことわざも多くあります。

そんなわけで今回は、古い言葉を現代でも通じる言葉に入れ替えて、ことわざの若返りにチャレンジ!


▼海老で鯛を釣る
意味:エビのような小さな餌で、タイのような立派で大きな魚を手に入れること。

ことわざの意味はわかるのですが、伊勢海老やロブスターなど、エビによってはタイ以上に高いものもあるので、今では通用しない例えです。エビチリ、めちゃめちゃおいしいですもんね。
まずは、このことわざを現代で通じるような言葉に入れ替えてみましょう。

<現代版:無料ポイント内に会う約束>

出会い系の!? お試しポイントで!? デートの約束まで!? しちゃったの!?
と、誰でも共感できることわざに生まれ変わりました。
いやー、奇跡ってあるもんですね!


▼捕らぬ狸の皮算用
意味:まだ決まってもいないことに対して色々考えること。

現代社会では、狸なんかなかなか出会えません。
いたところで捕まえようなんて思いませんし、その皮をはぎ取ろうとか、「いくらで売れるかな…?」なんて考えることは、狂気の沙汰です。
時代にあった、言葉を使いましょう。

<現代版:初メールでデートプラン>

「はじめまして!」「何歳?」「芸能人なら誰似?」なんてメールしかしていないのに、その時点で会ってデートする妄想が広がってしまいますよね! 写メが楽しみです。


▼犬も歩けば棒に当たる
意味:行動を起こすことで、幸運や災難など、何らかの経験をすることができる。

最近、犬がフラフラ歩いてるなんて光景は見なくなりましたよね。野良犬なんて、子どものころから見ていませんよ…。それに、棒が落ちいてることも無くなりました。

そう思うと、「犬」が「棒」に当たるなんてことは滅多にない事象でしょう。このことわざを考えた昔の人(きっと坊主)は、「犬と棒なんて不変のもの入れておけば、永遠に使われ続けるだろうwww」とか思って作ったんでしょうけど、残念でしたー!

<現代版:出会い系を始めればサクラに当たる>

入会した当初は、「えー!? こんなに女の子の登録数があるのー!?」なんて驚いてしまいがちです。出会い系サイトにもよりますが、なかにはサクラが混じっていたりする例も…。

でもさ、でもさ! 2ちゃんねるで、「サクラをやっていた女の子と意気投合して、そのまま付き合っちゃいました(爆)」みたいな話を見かけるし、なしじゃないよね!?

むしろありだよね!? あり!


▼風吹けば桶屋が儲かる
意味:何かが起こったことによって第三者が得をすること。

いまどき、目の見えない人が三味線を始めたり、三味線の材料のために猫を殺したり、ありえないですよね。そもそも、桶屋なんてないですからね。現代人のほとんどが、桶をジャスコで購入します。

<現代版:無料会員になれば、出会い系業者が儲かる>

「無料会員で課金しなければ、業者は儲からないんじゃないの!?」とお思いでしょうが、出会い系はそんな甘いものではありません。

「無料ポイント分ギリギリで、メールアドレスをゲットできなかった女の子…。あと1回のメールで聞けるかもしれない」

そんな淡い期待を持たせるため、悪徳な出会い系業者はサクラを使い、ポイントがなくなるギリギリまでメールでのやり取りを引き延ばすのです。

クソっ! ふっざけんなっ!


▼海老で鯛を釣る
意味:エビのような小さな餌で、タイのような立派で大きな魚を手に入れる事。

あれ…?
これって最初にやったはずじゃ…。

<現代版:無料で有料会員を釣る>

みなさんも、悪徳な出会い系サイトには気を付けてくださいね!

続きを読む

この記事の元ブログ: ことわざを現代にあった言葉にしよう!


最新の人気記事はコチラ
ドラクエの給料明細を考える
きみ、なにバックス?
『笑点』の観覧時に歌丸師匠の横の席になってしまった場合について
インタビュー MR.SUMIことスミマサノリさん
デイリーポータルZさんと喧嘩する
フリーイラスト素材だけで「天空の城ラピュタ」
「月9ドラマジェネレーター」を作ってみた