社会を生きる上で、交通に関する正しいルールや優しいマナーを知っておくことは必須です。

写真拡大


社会を生きる上で、交通に関する正しいルールや優しいマナーを知っておくことは必須です。
大人であるとか子どもであるとか、車や自転車を運転するとかしないとかは、あまり関係がなかったりします。マナーの前にはまずルール、ということで、「交通のルールを子どものころから学びましょう、それも、楽しみながら」というコンセプトでつくられた施設に「交通公園」があります。
全国の各所に存在するので、自宅の近所にもあるよという方も多い気がしたりしなかったりします。
今回は、埼玉県川口市にある「芝児童交通公園(しばじどうこうつうこうえん)」へと足を運んでみました。


コースはいたってシンプル! しかし、・・・

JR京浜東北線の川口駅もしくは蕨駅で下車、バスに乗り、徒歩の先に芝児童交通公園はあります。
開園の時間は設けられていませんが、乗り物を借りるための管理棟は利用時間が決められています。


子どもは管理棟にて、変わり種自転車・幼児車・子供車・ミニサイクルを無料で借りて、公園の中につくられた道路を走ることができます。マイ自転車やマイ幼児車など、外から持ち込んだ乗りものを利用することもできます。


コースはいたってシンプルで、信号が設置された交差点は1カ所となります。


田の字を描くコースの間に、カーブの細道が用意されています。


指示標識「横断歩道」や規制標識「指定方向外進行禁止」など、街中でよく見かける標識が多く設置されています。


自転車同士でも当然、交通事故は発生します。落ち着いた運転を心がけたいものです。


決してシンプルではない、数々の変わり種自転車!

コースを見渡すと、とにもかくにも初めて見る形の自転車が多く、驚かされます。子どもだけではなく、大人も乗ることができます。


管理棟には数えきれないくらいの種類と台数の変わり種自転車が用意されています。


中には、どのように乗るのかがまるでわからない自転車もあります。


乗らずとも、見ているだけで楽しくなってきます。


子どもだけではなく家族で同時に楽しむことができるのは、変わり種自転車の魅力ならではといっても過言ではないかもしれません。


交通のルールを楽しみながら学ぶことができる交通公園。ふとした用事のついでや、道路ファンとしての癒しの場として立ち寄ってみてはいかがでしょうか。


・芝児童交通公園
【乗りもの利用時間】日曜日・祝日、学童の夏休み期間中は日曜日・月曜日・金曜日
          午前9時30分〜12時・午後1時〜午後4時
【所在地】埼玉県川口市芝下1-11-24
【行き方】JR京浜東北線 川口駅・蕨駅 より バス 産業道路 下車
【駐車場】なし
【公式サイト】http://www.city.kawaguchi.lg.jp/kbn/16100001/16100001.html





■関連記事
まだまだあった…顔モノ看板
ダンメンはどんな素材でできているのか?
都市に秘められた遊女の物語(その1:横浜の遊廓「岩亀楼」の「喜遊」)
スイスが、ナイフ過ぎて死ぬwwww
目黒千代か池と富士見坂