Call of Duty MW3新ムービーが公開!!仮想第三次世界大戦がテーマ!?

写真拡大

(画像:Call of Duty MW3ムービー)
© 2010 Activision Publishing, Inc. Activision and Call of Duty are registered trademarks and Black Ops is a trademark of Activision Publishing, Inc. 新ムービー公開!!動画内容からゲーム内容を予想する。公式サイトもオープンし、4本のムービーを公開中だったCall of Duty MW3(以下CoDMW3)が新たなムービーを公開した。

今回のムービーは今までの4本と違い実際のゲーム映像が使用されている。
そこから内容を予想するとどうやらアメリカ、フランス、イギリス、ドイツの4ヵ国で発生する現代戦がテーマのようだ。
ムービーはまずアメリカからスタートする、激しい戦闘の最中に潜水艦から放たれるミサイルが低空で頭上を通過する。
続いてイギリスでは地下鉄を来るまで追い、脱線させるという過激なシーンが描かれ舞台はフランスへ移る。
フランスではエッフェル塔が映っていたのでパリが舞台だと思われる。
戦闘ヘリや装甲車も登場し街は煙を上げ、こちらも激しい戦闘が行われている。
最後のドイツではとうとう戦車まで登場し、爆撃機らしき戦闘機から攻撃を受けている特殊部隊員らしき姿が映る。
テロ?工作?潜入?
その後ダイジェストのように様々なシーンが映るのだが、ここで気になる事があった。
それは水中で柵を切り落としているシーンとほとんどの兵士がマスクをしている事だ。
水中からの潜入ミッションやボートによる移動、トレーラーによる突撃行為等をみると海兵隊の特殊部隊が今回の主人公が所属する部隊なのだろうか?
マスクをしているのであれば何かしらの生物兵器を使用されているのだろうか?という二つの疑問が出てくる。
ムービー最後のキーワード「WW3」
さらにムービー最後には「WW3」の文字が表示され、Wが回転し「MW3」となった。
ということはCoDMW3はWW3、第三次世界大戦をテーマに制作されているという意味なのだろうか?
であれば現在の技術力・科学力を持ってすれば強力な生物兵器が登場してもおかしくないし、今回のCoDMW3で舞台に選ばれた4ヵ国も納得できる。

あくまで推測の域を出ないがムービー最後に「11.8.11」と表示され、2011年11月8日発売と公式に発表されたのでCoDMW3の内容も徐々に明らかになるだろう。
ゲームというのは発売され遊ぶ事も楽しいが、こうして発売前から内容を予想するのも一つの楽しみの一つだと思う。
みなさんはどんな内容だと思いますか?

【記事・雨音】
▼外部リンク

Call of Duty MW3公式サイト

■関連記事
【懐かしいゲーム特集】エレメカの歴史第56回「バイオアタック」(幻のゲームを追え!その32)
【コミック】「オレンジとレモン」坂田靖子作品を読む。
【懐かしいゲーム特集】「グレートソードマン」(アーケード版)
【懐かしいゲーム特集】「ドンドコドン」(アーケード版)
【懐かしいゲーム特集】「ニュージーランドストーリー」(アーケード版)