(ネタバレ注意)アニメ「神のみぞ知るセカイII」第7話、現実の女が憧れるもの。

写真拡大

(画像:amazon.co.jp)
第7話「Singing in the Rain」TVアニメ「神のみぞ知るセカイII」第7話が放送された。

ちひろのユータへの攻略に向け、シチュエーションやセリフのチェックなど、桂馬はしっかりと計画を練っていた。しかし、当事者のちひろはどういうわけか、何かを迷っているのか、そこまで本気には取り組んでいない様子。

それでも桂馬の計画通りに進み、いよいよ告白をする日がやってきた。しかし、告白前にちひろが出した答えは、それまでの事を全て覆すものだった…。 
 
全ては、繋がっていた。ちひろに真剣になって欲しいと望む桂馬だが、彼女は、自分を卑下し逃げ出してしまいます。

「真剣になって、どうなるっていうのさ」

しかし、桂馬はその言葉に、見出した物がありました。彼女も、しっかりとパラメーターは存在したのだと。その言葉には、個性がないのではなく、個性のあるものへ憧れ、それでいて一歩を踏み出せないでいた事を物語っていました。
 
現実の”個性のない”と言われる女。それは、夢を成し遂げた時、”非現実”の存在になるのかもしれません。
 
彼女が憧れるアイドル・中川かのんも、夢を成し遂げるまでは現実の”個性のない”と言われる女だったのだと思います。そして第1期で触れていましたが、アイドルである彼女も常に壁に直面し、悩んでいました。
 
自分の悩みをぶちまけるちひろに、桂馬は、相手の男ばかりに気をとられていて、ちひろを見ていなかった事に気づくのでした。美少女ゲームの女の子と、現実の女の子は別物ですが、根本的な部分は実はそう違わないのかもしれません。
 
ちひろが見ていたのは、一体誰だったのか。桂馬は、彼女の奥底に何を見出したのか…?
 
(C)若木民喜/小学館・落とし神駆け魂隊・テレビ東京 

▼外部リンク
神のみぞ知るセカイII
神のみぞ知るセカイII ROUTE 1.0 〈初回限定版〉 [Blu-ray]

■関連記事
「ぷよぷよチャンネル」がOPEN
【おやつ】東ハト ビーノ・きなこもち味
マイクロソフト発の萌えマンガ「クラウド ガール -窓と雲と碧い空-」
【女優】後藤麻衣さんが逮捕されていた。
【パイロットインキ】氷水をいれるとジョッキの色が変化する「嘘ビール」などが発売