暗闇に浮かぶ“おばけ”を狙え! 家で遊べるシューティングゲーム『おばけシューター』

写真拡大




部屋を暗くすると壁に浮かび上がる“おばけ”を撃て! メガハウスは、まるで遊園地のアトラクションのような遊びを家で楽しめる、ちょっぴりホラーなシューティングゲーム『おばけシューター』を6月下旬に発売します。

メガハウス『おばけシューター』『おばけシューター』は、がいこつ型の本体を置いて部屋を暗くしたらゲームスタートなが。次々と壁に映し出されるおばけを、“おばけシューター”という銃を使ってどんどん退治していきます。レベルは3段階あり、制限時間内に倒したおばけの数はおばけシューターに表示されます。

がいこつ型の本体から投影されたおばけを撃つと、おばけシューターからは何も発射されていないのに、ポイントがカウントされていきます。いったいどんな仕組みになっているのでしょうか? メガハウスの広報さんにおたずねして、種明かしをしてもらいました。

メガハウス『おばけシューター』がいこつ型の本体「実は、がいこつの目にヒミツがあるんです。右目からはおばけを投影し、同時に左目から赤外線を発射。壁から反射してきた赤外線が、おばけシューターの銃口にある“赤外線受光部”に感知されている状態で引き金を引くと、『撃てた』と感知するという仕組みになっています」。説明されると意外なほどシンプルな仕組みですが、これを思いついた人のことはちょっと尊敬しちゃいますね。

メガハウス『おばけシューター』パッケージ1プレイは約1分半で完了。退治したおばけの数によって、ゲーム後に流れる音声が変化しますので、家族や友達と交代しながら繰り返し遊べますよ。夏の夜のヒヤッと楽しい室内アトラクションにいかがでしょうか。がいこつ型本体のサイズはW150×D115×H185mm、単3電池4本(おばけシューターは単4電池3本)で駆動します。価格は4179円(税込み)です。
 

 

■関連記事
水を飲んでいてもお酒を飲んでるみたいな『嘘ビール』『嘘ワイン』『嘘カクテル』
レトロなパンダカーを並べて積んで遊ぼう! 『パンダカーマニア』
人間の体を楽器にしちゃうコミュニケーショントイ『にんげんがっき』は6月30日発売へ
【改訂版】仮面ライダーオーズ『オーメダル』DX版をもっとカッコ良くする!
【タカラトミー商談会】nanoになってモバイルツールに生まれ変わった『ポテチの手ナノ』