厚生労働省がまとめた「2010年版働く女性の実情」によると、女性の雇用者数が過去最多となり、雇用者数全体に占める女性の割合が3年連続で上昇したことがわかった。

 2010年の雇用者総数(男女計)は、前年から2万人増加の5462万人。女性は2329万人(前年比18万人増)で過去最高を更新した。全体に占める女性の割合は42.6%(同0.3ポイント増)。一方、男性は3133万人(同16万人減)で3年連続の減少となっている。

 女性雇用者数を産業別に見ると、医療,福祉(20.7%、483万人)で最多。次いで、卸売業,小売業(20.5%、477万人)、製造業(12.5%、292万人)、宿泊業,飲食サービス業(8.4%、196万人)となっている。医療,福祉が前年から24万人増加し、卸売業,小売業を初めて上回った。

 雇用形態を見ると、正規の職員・従業員が1046万人、非正規の職員・従業員が1218万人で、非正規の職員・従業員の割合(53.8%)は比較可能な2002年以降で過去最高となった。

人材採用で女性社員の活躍を推進、リーダーシップが課題
女性管理職の割合 大企業では管理職全体の1割にも満たず
男性の育児休業取得率 過去最高1.72%、女性は85.6%に低下

日本人材ニュースHRN」は人材採用・人材育成の人事専門誌です。