「テザリングとは?」 日本通信の新入社員が作った動画が結構面白い

写真拡大




KDDIがAndroidスマートフォン『htc EVO WiMAX』で「テザリング解禁」とうたい、NTTドコモがAndroidスマートフォン夏モデルで7機種のテザリング対応機種を発表するなど、近ごろ話題のキーワード「テザリング」。スマートフォンをWi-Fiルーターとして利用できる機能ですが、何のことかピンと来ない人もいるかもしれません。そんな人にオススメなのが、今回紹介する動画『テザリングとは?』です。

「街頭アンケート」というお題で、ネクタイ姿とTシャツ姿の2人の若者がショートコントを繰り広げる動画。「テザリングってご存知?」と聞くネクタイ氏に対して、「知ってますよ」とTシャツ氏がボケまくり、ネクタイ氏がツッコむという内容なのですが、結局分からないというTシャツ氏が手にする『iPad』を、ネクタイ氏がスマートフォン経由でネットにつなぎ、テザリングを実演して見せます。

スマートフォンに来ている電波を『iPad』に送って「テザリング」と振りつきで確認し、納得するTシャツ氏。「これがあれば通信を1本化できてしまう」というネクタイ氏に、さらに『PSP』と『iPod Touch』も取り出して、これらの回線も「1本化」と声をそろえる2人。月に電話代1万円、『iPad』の通信費5000円かかっているところが、月額3470円の日本通信『IDEOS』なら「4分の1」と声をそろえます。『IDEOS』を販売する日本通信のホームページを見るために「じゃあ、オレ○○○○○○で見るわ」とTシャツ氏がボケて、「テザリングね」とネクタイ氏がツッコんでネタは終了。

この後はマジメな解説も披露され、見終わるとテザリングとは何かがスッキリと分かるこの動画。なかなか息の合ったコントを見せてくれたこのお2人、実は日本通信の新入社員とのこと。こちらの動画は、日本通信の『新入社員ビデオコンテスト』で優勝した作品なのです。アップルのCMに出ていたラーメンズよろしく、なかなか軽妙なやり取りを見せてくれる2人の次回作にも期待したいところです。「なんだ、宣伝か」とは言わずに、一度見てみる価値はあると思いますよ。最後に、「チャネリング」のボケは「ダウジング」の間違いなのでは、とツッコんでおきます。

画像:『YouTube』より引用
http://www.youtube.com/watch?v=mcuNwvkOfrg&feature=player_embedded
※動画が表示されない方はこちらからご覧ください

■関連記事
KDDIが“デザリング”を商標登録出願したあとに“テザリング”を登録し直す 「てへ 間違えちゃった」
1GB単位で利用できるデータ通信SIM『b-mobile Fair』を『Galaxy S』に挿してテザリングしてみた
ドコモのAndroidスマートフォン夏モデル 発表済みの『Xperia acro』『AQUOS PHONE SH-12C』や注目の『GALAXY S II』を含む全8製品
KDDIがAndroid 2.2スマートフォン『htc EVO WiMAX ISW11HT』とAndroid 3.0タブレット『MOTOROLA XOOM Wi-Fi TBi11M』を発表
WiMAXとテザリングに対応するauのAndroidスマートフォン『htc EVO WiMAX ISW11HT』は4月15日発売へ