「理不尽なウワサを立てられたら、あなたは間もなく成功する」

 こう話すのは、ビジネスコンサルタントとして1万人以上のビジネスパーソンにインタビューを行なってきた千田琢哉さん。常に他人の評価に晒されるビジネスの世界では、ある意味でウワサは立てられて当たり前のものであり、だからこそ気になってしまうのも仕方がありません。しかし、その内容が自分にとってウソやデタラメを含んだ理不尽なものであっても、それで決して落ち込むべきではないと千田さんは言うのです。

 千田さんによれば、ウワサの矛先はいつも、下にいるグループから上にいるグループに向かって発信されるものだとか。そのため、ウワサ話をして面白がるということは、自分より高い位置に抜きん出ようとしている相手に対し、その人が嫉妬している証拠なのです。

 確かに、ウワサ話は耳にして気持ちがいいものではありません。それが理不尽なものであればなおさらでしょう。しかし、それは自分が他人から嫉妬されてしまうほど高い評価を受けているということも意味しているのです。

 もちろん、それで自信過剰になってしまっては元も子もありませんが、少し発想を変えることで、気になるウワサ話も余裕を持って受け止めることができるようになるかもしれません。




『死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉』
 著者:千田 琢哉
 出版社:かんき出版
 >>元の記事を見る





■ 関連記事
「時代遅れな教育方針」で、学力全国トップの県は?〜『男の生き方』(2011年5月14日08:30)
『先行予約販売200台が40分で完売−「VERY」発のハンサムなママチャリ』(2011年5月13日07:00)
教習所指導員のムッとする指摘に「ものすごくありがたい」〜『軽く扱われない話し方』(2011年5月12日08:30)


■配信元
WEB本の雑誌