李大統領が福島でトマトを試食、韓国ネット上に批判コメント相次ぐ

写真拡大

韓国の李明博大統領と、中国の温家宝首相は21日に来日し、菅直人首相と一緒に福島市内の避難所「あづま総合体育館」を訪ねた。同所は、福島第1原発の事故を受け、周辺住民が避難している。3人の首脳は住民に声をかけながら激励した。

日中韓首脳の福島訪問は韓国でも注目度が高い。韓国側の報道によると、首脳たちの到着を200人あまりの避難住民たちが歓迎し、韓国語で「オソオセヨ(いらっしゃいませ)」と書かれた横断幕も掲げられていたという。

首脳らは風評被害を払拭するために、福島産の野菜を食べるパフォーマンスも披露。韓国でも、李大統領がトマトやキュウリをかじる姿が伝えられた。

しかし、韓国のネット上は李大統領の福島訪問について批判的な反応を見せている。韓国では昨年、北朝鮮による延坪島(よんぴょんど)砲撃事件が起きているが、李大統領はまだ同地を訪れていないことから、「なぜ延坪島には行かず福島には行く?」と批判するネットユーザーが多く見られた。

次ぎによく見られたのが、竹島(韓国名・独島)に関するコメント。韓国国民は竹島が韓国領であることを世界へ示すために李大統領の竹島訪問を望んでいるが、いまだ実現していないため「竹島に寄ってから帰ってこい」「福島より独島が先」といった声も出た。

そのほか、「延坪島の近くにも寄らなかった人がなぜ福島に行くんだ、もう帰ってくるな」「やはり親日家に近い人物だ」「日本に利用されている」「日本の食の安全性を証明するため外国の大統領が試食する?」「口蹄疫で苦しんだ(韓国の)農家へ慰労訪問しろ」など厳しく批判するコメントが相次いで寄せられた。


参照:MB、福島産農産物試食「安全」アピール - オーマイニュース
参照:日中韓首脳、福島慰労訪問 - YTNニュース

(文:林由美)

■【韓フルタイム】とは……
【韓フルタイム】とは韓国に特化した情報を提供する媒体です。
韓国に詳しい専門の日本人記者が取材、執筆を行っております。
韓国中心の出来事をいち早くお届けできるように頑張っていきます。