李大統領「在日韓国人は震災によく対応した、参政権付与は当然」

写真拡大

日中韓首脳会談で日本を訪問中の李明博(イ・ミョンバク)大統領は21日、宮城県の仙台総領事館で開かれた在日同胞懇談会に出席した。

李大統領はこの席で、韓国人による日本への震災支援活動について高く評価し、竹島(韓国名・独島)問題に触れながら在日韓国人への参政権付与について発言をした。

韓国では募金などを通じて被災者支援活動が積極的に行われたことから、「日本社会がどうなっても、日本政府がどうしようとも、韓国は行う道理がある」「今回の自体で韓国国民が見せた成熟した姿勢は、私自身も新しい認識を持つほどであった」と高く評価した。

さらに、「日本を助けようと盛り上がっていた時に、(日本と)教科書問題が起きた」と竹島問題についても触れ、「にも関わらず独島問題を積極的に提起し、日本に対する感情が悪くなっても“それはそれ、日本を助けることは助けること”としたことは、韓国民の成熟した姿だ」と発言した。

続けて「全体的な被害者に比べ、在日韓国人の被害者が少なかったのは幸い」と発言。

「(在日韓国人たちは)被害を受けた時も、日本国民に劣らないほど落ち着いて対応し、日本政府が見ても参政権を与えるのは当然だと感じさせるほどよく活動した」「日本政府も自ら判断しなければならない時がきた」と主張。日本人と同じように生活している在日韓国人へ、参政権を付与するのは当然ではないかという考えを示した。

参照:李大統領「在日同胞への参政権、当然だと感じる」 - 独立新聞
参照:李大統領「日本政府、在日僑胞への参政権、判断しなければならない時」 - ノーカットニュース

(文:林由美)

■【韓フルタイム】とは……
【韓フルタイム】とは韓国に特化した情報を提供する媒体です。
韓国に詳しい専門の日本人記者が取材、執筆を行っております。
韓国中心の出来事をいち早くお届けできるように頑張っていきます。