日本では普段あたり前のように見かける自転車だが、韓国ではレジャーやスポーツという認識が強いため利用はそれほど多くない。韓国人ブロガーのロイ(ハンドルネーム)さんは、「日本の自転車文化は韓国とは全く違う」と語った。

 「韓国では漢江(ハンガン)や盆唐(ブンダン)といった河原などで自転車を楽しむ。自転車に乗る時はタイトなウエアにヘルメットといった出で立ちで、運動するといった感じだ。でも、日本では主に交通手段として利用され、物を入れるカゴや子供を乗せるイスまで付いている。生活に密着した乗り物だ」と述べた。

 ロイさんは、「韓国で自転車の利用は、“健康維持”を目的としているが、これからは、日本のように生活に役立つ乗り物になったらいいのではないか」と考察し、「そうすれば、韓国は日本よりも良いものを作り出すことができるかもしれない」と語った。

 韓国人ブロガーのイントゥ(ハンドルネーム)さんは、日本を観光した際、主婦が自転車の前カゴに買い物袋を、後ろに子どもを乗せて走る光景がとてもめずらしかったと語った。「買い物袋をぶらぶらと下げ、後ろには子ども…これが一般的な日本の風景だ。病院の前には、車の代わりに自転車がずらりと並んでいる。交通費の高い日本だからこそ見れる風景だろう」と述べた。

 ブログでは、主婦が自転車に子どもを乗せてさっそうと走る姿を紹介。「ある主婦は、自転車の前と後ろに2人の子どもを乗せていた。私は自転車に乗るだけでもフラフラするのに」と日本の主婦のたくましさに関心した。(編集担当:新川悠)



■最新記事
【韓国ブログ】日本は自転車先進国、韓国もシステムを学ぼう
【中国ブログ】日本人の仕事の細かさに敬服せざるを得ない
【中国ブログ】日本のサービスのクオリティは「驚くべき水準」
【韓国ブログ】中国人の親友を作るには?「贈り物が効果的」
【韓国ブログ】カフェからホテルまで…韓国で「ハローキティ」人気