GmailでToDo管理する超便利技! iPhoneともデータ共有可能

写真拡大




Googleのフリーメールサービス『Gmail』を使ったToDo管理方法をお伝えしたい。ToDoとはやらなければいけないこと、忘れないようにしておくことを一覧化しておくもの。『iPhone』ではそんなToDoを纏(まと)めるためのアプリが数多くあるが、パソコンとも共有しもっと簡単に使いたいという方も居るだろう。

そんな方のために『Gmail』を使ったToDo活用術だ。

・フィルタを作ろう
『Gmail』の「フィルタを作成」を選択しフィルタ作成画面にて次の様にフィルタを作成しよう。

To:の個所に自分のメールアカウント+todo@gmail.comを追加する。
例:hogehoge@gmail.comというメールアドレスなら、hogehoge+todo@gmail.comをTo:に追加する。

「次のステップ」へ移り「ラベルを付ける」にチェックを入れる。ここに「ToDo」というラベルに追加するように設定する。「ToDo」ラベルがなければここで新しいラベルを作成する。

「フィルタを作成」を選択すれば」完了。ToDoというラベルも作成されているはずだ。
フィルタ作成
ラベル振り分け


・ToDoを作成してみよう
お次はToDoを作成する方法だ。先ほどフィルタで登録したメールアドレスにメールを送信するだけでよいのだ。携帯からでも『iPhone』からでもPCからでも送信するだけでToDoラベルに登録される。

上記の例ではhogehoge+todo@gmail.comに送信すると件名がToDoとなり、本文がその詳細な内容となる。

このToDo送信用のメールアドレスは携帯や『iPhone』に登録しておくと便利。頻繁に使うなら尚更だ。


・iPhoneと共有も可能
ToDoが送られると『Gmail』のToDoフォルダに振り分けられる。『iPhone』で『Gmail』受信設定を行っていれば、同時に『iPhone』でも受信できさらにToDoフォルダに振り分けられる。更に通常のToDo管理の様に終わったToDoは『iPhone』もしくは『Gmail』から削除すれば両方のメールが消えてスッキリする。ToDoメールは即時に同期してくれる。
iPhoneに送られて来たToDoメール


・他人からToDoを受け付けることも
上記のメールアドレス「hogehoge+todo@gmail.com」をほかの人に教えておけば、他人が自分のToDoリストに追加することも可能。自分がしなくちゃいけないことを他人に追加してもらえば忘れやすい人なんかは便利かも。しかし他人が送って来る前に『Gmail』にてフィルタリング設定していることが前提となる。

更に工夫すれば「買い物」「約束」「仕事」をキーワードに入れ分類化も可能だ。使い方次第ではアプリよりも便利かもしれないぞ。

こちらの情報は『2ちゃんねる』のiPhone板の書き込みによるアイデア。

※hogehoge+todo@gmail.comはあくまで例です。ご自身のアカウントで行ってください。


■関連記事
ロシアに破格な楽曲配信サービス存在! ビートルズのアルバムが約300円!?
ケニアの先住民マサイ族 変わりつつあるその生活と裏事情
山手線最後にできた駅はなんとあの超有名駅だった しかしできたのは40年前!
静岡茶萌えキャラクター『CHA88』とはなんだ? 「若者にお茶を売りたいんですぅ」
世界の刑務所 劣悪環境ブラジルに対し囚人に寛容なノルウェー