リクルートは、同社が運営する就職支援サイト「リクナビ」会員の2012年卒業予定大学生・大学院生を対象に、4月22日〜5月3日現在の就職活動の動向を調査し、取りまとめて発表した。集計数は1576件。

 調査によると、対象学生の内定率(内々定率)は25.3%だった。また、就職活動終了率は11.5%となっており、約1割が就職活動を終了している。2011年卒業の学生の内定率は35.3%で、前年比10.0ポイントの減少となった。

 文・理系別では、文系の内定率は24.0%、理系は28.0%だった。ただし、理系大学院生の取得率は41.7%と大学生全体の25.3%より16.4ポイント高い。

就職内定率4割割り込む ディスコ調べ
震災影響で内定率11ポイント減 マイコミ調べ
不足するグローバル人材 新卒採用では需給に矛盾も

日本人材ニュースCarrera」は働く人のためのキャリアニュースサイトです。