レアル、移籍金200億円ならC・ロナウドをマンCに放出へ

写真拡大

 レアル・マドリードはポルトガル代表FWのクリスティアーノ・ロナウドについて、1億5000万ポンド(約200億円)のオファーが提示されれば放出する意向があると、イギリス紙『サン』が報じている。

 C・ロナウドは2009年に、移籍金の世界レコードとなる8000万ポンド(104億円)でマンチェスター・Uからレアル・マドリードへ加入。今シーズンはリーグで38得点を挙げ、シーズン最多得点記録に並んだ。加えてクラブのシーズン最多得点記録を51年ぶりに更新。超高額の移籍金に見合う活躍を披露している。

 もちろん、クラブにとってC・ロナウドは貴重な戦力。しかし先日、マンチェスター・Cが世界最高額の移籍金を準備し、C・ロナウドの獲得に動くと報じられ、水面下で交渉が行われている模様。関係者によれば、レアルは放出に否定的であるものの、1億5000万ポンドの提示がなされれば、移籍を許可する構えだという。

 マンチェスター・CはC・ロナウドに週給30万ポンド(約3900万円)の5年契約を提示する見込みで、実現すれば総額は2億2800万ポンド(約300億円)にも上る、規格外の超大型移籍となる。

【関連記事】
マンC、世界最高額の移籍金でC・ロナウドを獲得か
ネイマールはチェルシーへの移籍を希望か「再びオファーをくれると願っている」
レアル・マドリードがシャヒンに続き、今夏ドイツから2人目の補強に成功
“リトル・ブッダ”デ・ラ・ペーニャが現役引退を発表
ポルトをヨーロッパリーグ優勝に導いたファルカオ「最高だ。神に感謝している」