女性の携帯恋愛SLG経験率は57.2%、「課金したことがある」も3割超える。

写真拡大

MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)は5月19日、カレシ育成シミュレーションゲーム「かれぺっと」を運営するアリスマティックと共同で実施した「女性携帯ユーザーの携帯恋愛シミュレーションゲームの課金に関する実態調査」の結果を発表した。

この調査は10〜40代の女性1,094人を対象に行われたもの。まず、携帯恋愛シミュレーションゲームの利用経験をたずねたところ、57.2%が「利用したことがある」と回答した。年代別に見ると、10代の利用経験率が最も高く、77.6%となっている。

次に、利用経験者を対象に「恋愛シミュレーションゲームで課金したことがあるか」を質問。すると、全体で35.5%が「ある」と答え、年代別では20代が40.6%、30代が47.9%、40代が49.0%と、年代が上がるにつれて課金率が高い傾向が現れた。

では、実際に課金する場合、その利用額はどの程度なのだろうか。この調査では約7割の女性携帯ユーザーが「1,000円未満」と答え、最も多かったのは「300円〜499円」(33.3%)だった。また、課金した理由については「レアアイテム・コラボアイテム・特典アイテム」(43.7%)がトップとなり、以下、「キャラクターやデザインが気にったから」(35.1%)、「利用時間を短縮したいから」(31.5%)と続いている。