オーケーライフ(東京都港区、浅見公香社長)は、企業向けSNSサービス「OKベストアドバイス」の発売を開始した。

 同社は、日本最大級のQ&Aサイト「OKWave」を運営するオウケイウェイブのグループ会社で、これまで培ってきたQ&Aサイトのノウハウを活用して、個々の社員が持つ経験やノウハウ、知恵を共有し、業務の効率化や生産性の向上、コスト削減などの成果につなげていくことを狙いとしている。

 社員からの質問を待つだけではなく、会社側が予め質問を出してキャリア・インタビュー方式で社員に回答を投稿させることによって、より効果的にナレッジを引き出せる機能を搭載している。

 また、社員が活用している情報ソースを共有する機能(アーカイブ共有)、事業部門や製品・サービスなど特定のトピックごとのコミュニティを設ける機能によって、情報の蓄積、共有を推進させるための仕組みを備えている。

 浅見同社社長は「SNSの気軽な雰囲気を活用して社員のコミュニケーションや相互理解を促進する試みは拡大しています。事業所が分散していたり、新商品・サービスの展開が早い事業においては情報やノウハウの共有化に活用されています。一方で、Q&Aでは良質な質問が出てくることがポイントです。新サービスではインタビュー形式で質問を予め用意しており、情報の蓄積、整理をより効果的に行うことができます」と話している。

リーディングカンパニーで進む「業務構造改革」の現場〜業界のトップを行く企業の現場では何が起こっているのだろうか
中堅・中小企業を支援する「こころの健康診断」 高いセキュリティで従業員情報を守る
新入社員は職場の人間関係、上司・先輩は専門性・人脈を重視

日本人材ニュースHRN」は人材採用・人材育成の人事専門誌です。