ドコモのAndroidスマートフォン『REGZA Phone T-01C』がAndroid 2.2にバージョンアップ開始へ

写真拡大




NTTドコモは、Androidスマートフォン『REGZA Phone T-01C』のOSアップデートを5月18日から開始することを発表しました。OSのバージョンはAndroid 2.1から2.2に上がります。

Android 2.2へのバージョンアップにより、『Flash Player 10.3』への対応、microSDカードへのアプリの保存、アプリ実行速度の2〜5倍の高速化、アプリの自動更新や一括更新、音声による文字入力が実現します。

『REGZA Phone T-01C』独自の機能もアップデート。電話帳『NX!Contacts』機能の追加、グループ機能、連絡先のBluetooth送信機能、ワンセグへの予約録画、スリープ中のWi-Fi設定メニュー、1920×1080の静止画撮影サイズ、モトヤフォントが追加されるほか、『ATOK』の最新バージョン、液晶テレビやブルーレイレコーダーに利用できるリモコンアプリ『RZタグラー』に対応します。

バージョンアップには、Wi-Fiで接続した本体で実行する方法と、パソコンを利用した方法の2通りが案内されています。詳細はドコモウェブサイトから確認してください。

・端末本体による手順書
http://bit.ly/jfVTLc

・パソコンを利用する手順書
http://bit.ly/ls4iPr

KDDIの『IS04』については、まだ正式にバージョンアップの日時は発表されていません。

■関連記事
ドコモのAndroidスマートフォン夏モデル 発表済みの『Xperia acro』『AQUOS PHONE SH-12C』や注目の『GALAXY S II』を含む全8製品
INFOBAR・ソニエリ・G’zOne KDDI夏モデルのAndroidスマートフォンはau懐かしのブランド含む全6製品
auのスマートフォン『IS03』は4月14日にAndroid 2.2へのアップデート実施
ドコモの2010〜2011年冬春モデル発表 Androidスマートフォンは『LYNX 3D SH-03C』『REGZA Phone T-01C』『Optimus chat L-04C』の3機種
CMにレディー・ガガを起用して大攻勢! KDDIが『Android au』の新スマートフォン『IS04』『IS05』『IS06』を一挙発表