ギスギスした職場を変える方法
会社での人間関係は、よく聞く仕事の悩みです。人間関係がうまくいかないと仕事そのものに悪影響をもたらすこともあり、それがもとで転職を考える人も多いようです。そんな問題について、教えて!gooに寄せられた質問から考えてみました。

会社を辞めたいOLです

こちらの投稿者yonyonyonbさんは、後輩とそりが合わず会社を辞めたいと毎日考えているそうです。後輩たちは、わざと聞こえるように悪口を言い、上司もそんな後輩たちばかりにちやほやするそうで、「この環境でこのまま会社を続けていくべきでしょうか?」と質問を寄せています。

これに対し、

   「ちやほやされるのは、若さの特権だと思います。仕事なら、構われない、嫌われてるくらいが働きやすいと思いますよ。仕事に集中出来るから」(matatabi2008さん)

   「その後輩は同性からは嫌われるタイプでしょう。そういうタイプは自滅します。仕事上のつきあいだけであと無視でいいですよ」(korochanoteさん)

   「まったく面倒ですねぇ、人間関係ってのは。私は幾度も転職を重ねて参りましたが、全部人間関係です」(gesigesiさん)

   「合わない人間なんてどんな組織にもいますよ。きりがない」(nabitumaさん)

などといった意見が寄せられました。

■職場で優しい人になるには?

職場の人間関係に関するQ&Aはたくさん寄せられており、いつもだいたい似たような回答が書き込まれています。面倒くさい人間関係はどこにいってもあるということでしょう。一方で、なかにはなんとかいまの職場で円滑な人間関係を築けないかという質問もあります。

愛情深い人にどうしたらなれますか?

こちらの質問の投稿者saiko-nomiさんは、

   「会社はギスギスの人間関係で私はミスしてクヨクヨしていて、本当の自分すら出せません。本当は愛情深くて人によくしてあげられる人になりたいです」

と、どうすれば愛情を持って職場の仲間と接することができるかと意見を募っています。これに対し寄せられた意見は、

   「できることといえば、『和顔愛語』ですかね。就業時間外の休み時間にやさしい言葉をかけたりするだけでも違ってくるのではないでしょうか?」(prajunyaさん)

   「それは、相手の人を許すことです。『許す』ということは、言葉や態度に表すことではなく、単に心の中で許すことです。相手を許したら自分も許してあげましょう」(ADATARAさん)

…と、いずれの回答もかなり深遠な内容でした。「和顔愛語」とは「和やかで温和な顔つきや言葉つき」(goo辞書)を意味するそうです。人間関係で行き詰まったときに、相手を(それから自分のことも)許してみるのは、なかなか良いアイデアではないでしょうか。

三枝大介(Daisuke Saegusa) →記事一覧

■関連Q&A
女性が多い職場の人間関係について悩んでいます
そもそも、なぜ職場は人間関係が悪いのでしょうか?
■関連記事
「気がきく」「気がきかない」ってどういうこと?
職場への「お土産」 人数分買うのは常識でしょ?