トーソー(株)は、ヨーロッパ市場における窓回り製品の販売強化を目的として、フランスに「TOSO EUROPE S.A.S.(トーソーヨーロッパ)」(本社:Melun市)を6月に設立する。
同社は近年、海外市場への販売拡大にも注力しており、2002 年には中国・上海に「東装窓飾(上海)有限公司」を設立して中国市場での販売強化に取り組み、高級ホテルやマンション等への納入実績を重ねてきた。今後一層の海外販売拡大を目指すにあたり、経済規模が大きく、インテリア文化の情報発信地でもあるヨーロッパ市場にて本格的な販売に取り組む。
新会社では現地仕様のカーテンレールやロールスクリーン等を生産し、インテリア関連の専門店への販売をベースに、ホテル、オフィス等への納入を目指す。また設立当初は主にフランス国内での販売活動を行うが、順次ヨーロッパの主要各国に商圏を拡大していく予定。ヨーロッパ市場での販売拡大を通じて、「TOSO=高品質かつデザイン性の高い窓回りの世界ブランド」として認知されることを目指す。
■新会社「TOSO EUROPE S.A.S.」の概要
会社名:TOSO EUROPE S.A.S.(トーソーヨーロッパ)
設立:2011年6月(予定)
本社所在地:303 rue Pierre et Marie Curie Melun France
(フランス共和国 ミュラン市 ピエール・エ・マリーキュリエ通り303)
代表者:トーソー(株) 業務執行役 OLIVIER DESCOURTIS(オリビエ・ディスクルティフ)氏
資本金:150 万ユーロ
出資者(予定):トーソー(株)(99%),OLIVIER DESCOURTIS(1%)
事業内容:カーテンレール、ロールスクリーン等の窓回り製品の製造・販売