女性が電車の中で化粧をすることが一時、物議を醸しました。こういった女性というのは「自分と自分のごく近しい人物」と「それ以外の人」とをはっきり区分けし、「それ以外の人」は眼中になく、単なる"光景"とさえ感じていると、研究グループ・おもしろ心理学会は書籍『この1冊で女性心理と男性心理が面白いほどわかる!』(青春出版社)で述べています。

 彼女たちが、電車内で淡々と化粧に励むことができるのは、「それ以外の人」が、自分をどういう目で見ようともまるで動じないからだとか。

 また、人を「自分と自分のごく近しい人物」と「それ以外の人」の2パターンにしか分けられないのは、狭い世界のなかで甘やかされてきたタイプの女性によく見られる考え方だとも。そういった女性は自分に優しく接してくれる「ごく近しい人物」とは好んで付きあい、「それ以外の人」とは接すること自体、できるだけ避けようとするそうです。

 電車の中で、周囲の人々を単なる光景とみなして無視するのも、そもそも「それ以外の人」を日頃から避けているために身についてしまった行動パターン。「中心的存在の自分と、自分に近しい人物」という構図のなかで、社会性を身につけることなく、"女王様化"してしまったための結果、とすらいえるのです。



『この一冊で「女性心理」と「男性心理」が面白いほどわかる! 』
 著者:おもしろ心理学会
 出版社:青春出版社
 >>元の記事を見る





■ 関連記事
「思わず声が出ちゃうほどの快感」がクセになる?〜『ゲルマニウムで頭皮にうるおい! スッキリヘッドスパ 』(2011年5月5日08:30)
お笑いコンビ・マシンガンズ「女が言う『怒らないから』は大ウソ」〜『女はみんな同じ教科書を読んでいる。』(2011年5月4日08:30)
実刑が確定したホリエモン「最近の若者は勝負をしようとしない」〜『成金』(2011年5月3日10:54)


■配信元
WEB本の雑誌