(株)サンゲツは、アウトドア対応の新ファブリックや織物をイメージさせるビニールレザーなど多彩な椅子張り生地を収録した見本帳「椅子張総合見本 vol.6」を5月23日(月)に発行、同時に収録商品を全国一斉発売する。収録点数は828点。

ファブリック(483点収録)の注目は、アウトドア用新ファブリック商品「テンポテストホーム」。糸の段階で色素を練りこむことで高い耐光性を実現するなど、耐候性、防カビ性、メンテナンス性にも優れており、ガーデンやテラス、プールサイドといった太陽光や湿気のある場所でも使用を可能とした。この他、生地表面に凹凸感を表現した「アムンゼン織」、生地本来の色と美しさを長期にわたって保ち続ける「Q2view」シリーズ、撥水性と防汚性が特長のスウェード調ファブリック「Halo」シリーズなど、防水性、撥水性、透湿性、防汚性の4つの機能を同時に備えた高機能ファブリックを収録する。
またビニールレザー(345点収録)では、風合いや手触り感にもこだわり、ミンクやオーストリッチ、クロコダイルなど「ファブリックに見えるレザー」商品を多数収録している。特に医療施設などでも使いやすい耐アルコール性に優れたウレタン系ソフトレザー商品は、重量感、ボリューム感など本革のような風合いに仕上がっている。