来る6月1日(水)〜3日(金)の3日間、東京ビッグサイト西ホールにて開催される「インテリア ライフスタイル」(主催:メサゴ・メッセフランクフルト(株))では、「Pray for Japan」をスローガンに掲げ、東日本大震災の被災者に対するさまざまな支援活動を実施する。
その1つとして、世界的に有名な建築家である板茂氏の「東日本大地震 津波 支援プロジェクト」に協力する。同プロジェクトは、被災者が仮設住宅へ移るまでの生活を少しでも改善するため、避難所内に簡易間仕切り「避難所用間仕切りシステム」をつくる活動である。「インテリア ライフスタイル」では、その簡易間仕切りシステムを会場内に設置、さらに通常の間仕切りでは無地の木綿布が使用されるところを、インテリアデザインによって被災者を元気付けるという思いを込め、著名なテキスタイルブランド複数社の協賛を得て色鮮やかなテキスタイルを用いる。使用後はこのまま被災地に提供する。
この他にも収益の一部の寄付、募金箱の設置といった被災者支援活動を行うとともに、会場の節電も行う。