5月8日、「技量審査場所」初日の両国国技館には、早朝から当日チケットを求める観客の行列ができ、最後尾はJR両国駅近くに及ぶほどだった。こうした光景は、10数年前の若貴ブーム以来のことである。

土俵上では、確かにいつもとは違う緊張感が漂っていた。

幕内力士の土俵入りが始まると、ひときわ歓声が沸きあがるのは、高見盛、安美錦、稀勢の里、若の里、琴奨菊、豊真将といったガチンコ力士の名が呼び上げられる時だ。観客も、しっかり見極めができていることがわかる。

初日は取組内容に変化が現われた。まずは、立ち合いで突っかける場面が多発。八百長相撲に多いとされる「寄り切り」や「上手投げ」が激減し(それぞれ3番と2番)、6番が「押し倒し」や「押し出し」という土俵下までもつれる決まり手となった。ケガを恐れない真剣勝負が展開されたことを物語る結果だ。

ある親方は初日を終えて国技館を後にする際、思わずこんな言葉を口にした。

「こんな相撲をやっていれば、人気が出るよ。今日は少なかったからなァ」

「何が」少なかったのかは、いわずもがなだろう。しかし、「なかった」とはいわなかった。

※週刊ポスト2011年5月27日号




■関連記事
「大きな力士が土俵上に転がる時は八百長を疑え」と板井氏
琴光喜、九州場所で復帰? 法曹関係者「5割以上の確率」
改革派の貴乃花親方はKY扱いされ、潰す勢力が存在すると識者
5月のガチンコ大相撲 「魁皇まさかの優勝もある」と関係者
相撲協会の理事長候補 貴乃花と千代の富士、どちらが優勢か