SF専門の電子書籍書店がオープン

写真拡大

 SF専門の電子書籍書店がついにオープンだ。
 NECビッグローブ株式会社と株式会社イオ・小松左京事務所は16日、国内の人気SF作家の作品を電子化して提供する、SF作品の電子書籍書店「SF作家の書店 プラネタリアート」を開始したと発表した。

 「SF作家の書店 プラネタリアート」では日本語版のほかに、海外の利用者向けに英語版の電子書籍の提供を行っている。日本のSF作品を海外に知らせることで、小説家やアーティストの活躍の場を広げる狙いだ。

 第一弾のラインナップには、小松左京氏の『人類裁判』『コップ一杯の戦争』などのほか、「司政官シリーズ」で知られる眉村卓氏の『一分間の春』が並ぶ。また、英語版は小松左京氏の『人類裁判』『コップ一杯の戦争』の2作品が提供されている。
 現在はiPad及びiPhone向けで配信しているが、配信端末は順次拡大する予定。また、対応言語も拡大する方針であるという。

 電子書籍であれば、画像や動画といった視覚的な要素をふんだんに取り込んだ幅広い表現が可能となるだろう。新しいテクノロジーとSF小説の世界の融合という、その可能性に期待したい。
(新刊JP編集部)

■「SF作家の書店 プラネタリアート」
http://publish.biglobe.ne.jp/planetariart/


【関連記事】 元記事はこちら
SF作家が予想する驚愕の未来
『時をかける少女』“幻の続編”が復刊
角川春樹事務所が小松左京賞の休止を発表
森見登美彦さん「『ペンギン・ハイウェイ』は一番思い入れのある作品」