昨年に続き愛知大会連覇の溝江明香(右)。試合に入るまでのコンディショニング作りも試行錯誤し、決勝ではベストのパフォーマンスをみせた。その間、田中姿子(左)は「バナナ3本、食べてました(笑)」 (撮影:小崎仁久)
 国内ツアー第2戦・大日本印章オープン最終日は14日、久屋大通公園(名古屋市)にて男女3位決定戦、決勝が行われた。女子は日本代表の田中姿子(エコ計画)・溝江明香(産業能率大)組が、同じく代表の浦田聖子・西堀健実組(フリー)をストレートで下し優勝。男子は、西村晃一・ケーシー・パターソン組(WINDS)と朝日健太郎・青木晋平組(フリー)、高ブロッカーチーム同士の決勝となったが、西村・ケーシー組が巧さを見せストレート勝ち。初優勝を遂げた。

 地元期待の浅尾美和(エスワン)・松山紘子(SANDBLOCK)組は、保立沙織・宮川紗麻亜組(2Y&A)との3位決定戦に敗れ、4位に終わった。

 今大会の調子の良さをそのままに3位決定戦に臨んだ浅尾・松山組。「チャレンジャーだから攻めていこう」(浅尾)と話すように、浅尾のコースを狙ったサーブ、松山のライトからのクロススパイクと、序盤から思い切ったプレイでポイントを取っていく。昨年はほとんど見られなかった浅尾の強打も炸裂し、終盤までもつれる展開に。20-20のデュースから、浅尾、松山と連続強打で得点し、第1セットを取った。

 第2セットに入り中盤までリードするものの、勝ちが見えてきたのか、徐々に積極性を失っていく。「2点リードしたところで、守りに入ってしまった」と話す浅尾のレシーブが乱れ始め、強打の本数も減る。拾うバレーが信条の保立に対し、長いラリーで粘り負けすると、試合の主導権を渡してしまい、デュースまで持ち込んだが、第2セットを失ってしまった。

 ファイナルセットも消極的なプレイが目立ち、ネット際に軽く落とそうとするショットも連続してネットを越えず失点。松山のレシーブにもミスが増え、一気に突き放されると7-13でセットを落とし、試合を終えた。

 「相手は最後まで崩れず攻めてきた。その違い」と松山が話すと「入れにいったミスは次に繋がらない」と浅尾も反省。しかし「予選からなかなかうまくいかなかったが、2つ勝つことが出来て良かった」と充実した表情で会場を後にした。

 女子決勝は、ロンドン五輪出場権を取るため、共に戦う日本代表のチームメイト、そして恐らく代表権を争うことになるであろう2チームの試合となった。

 しかし、序盤から田中・溝江が圧倒した。「普段はあまりない。たまたま」と笑って話す田中のブロックが出ると、溝江も「サーブのバリエーションはあるが、今日はフローターが効いていた」とフローターサーブで相手を翻弄。浦田、西堀はともにレシーブで球を上げることができず、どんどん点差をつけていく。浦田、西堀のポジション交替も効果は無く、21-9と大差でセットを取った。

 第2セットに入り、浦田・西堀はサーブの狙いを、好調の溝江から田中に変更。競った展開に持ち込まれるが、動きの良さで相手は最後まで上回り、リズムを失わないまま試合終了。愛知県での大会は昨年に続き連覇となった。

 溝江は「(経験豊富な)田中の言う事をハイハイと聞いているだけでは勝っていけない。ゲームメイクを意識した」と話し、田中も「ディフェンス力が足りない。世界はもう一段階上にある」と圧勝しながら、先を見据えた発言。

 もう明日から、その「世界」へ。ポーランドでのワールドツアーに旅立っていく。

結果は次の通り
□女子3位決定戦
浅尾・松山 1 (22-20,22-24,8-15) 2 保立・宮川
□女子決勝
浦田(聖)・西堀 0 (9-21,18-21) 2 田中・溝江
□男子3位決定戦
井上・長谷川 2 (21-17,21-17) 0 白鳥・今井
□男子決勝
西村・Casey 2 (21-8,21-19) 0 朝日・青木

■惜しくも表彰台を逃した浅尾美和
勝って終わりたかったが、甘くはなかった。一歩ずつしか上にはあがれない。スパイクも肩の力を抜いて打つことができ、レシーブもバタバタしていない様に見えたと思う。私たちにとって良い大会だった。

■「ヒロコ!」と浅尾にも負けない声援が飛んだ、愛知・中京大卒の松山紘子
第2セットの中盤でミスが重なった。リードして守りに入って攻めきれなかった。(大会を通じ)たくさんの応援もあって、自分を出すことができたと思う。

■準優勝の浦田聖子・西堀健実
第1セットはサーブで崩され、第2セットもリードをしつつ、リズムが掴めなかった。セットを取られてから、どう戦っていくかが課題だろう。相手のブロックフェイクにも、迷わず打てていたのだが…。

■日本ツアー初優勝のケーシー・パターソン
(優勝の感想を訊かれ)アメージング! これで来週生まれる予定の赤ちゃんのおむつ代を稼ぐことができた(笑)

(取材・文=小崎仁久)