テキスト系妄想メディア「ワラパッパ (WARAPAPPA )」より

wpp
「暴走族」は、「大人は汚い」「どうしてわかってくれないんだ!」など、社会に対しての不満を持った若者が集まってできた組織です。あふれる若さと大人への不満が爆発し、彼らを暴走行為へと駆り立てます。

漫画「特攻の拓」のように、「出発(デッパツ)すっぞ!」と愛車を走らせる際の騒音は、決して許されるものではありません。しかし、我々が頭ごなしに彼らを怒ったところで、何の解決にもならないのです。

そこで、今回はそんな暴走族の迷惑行為を少しでも和らげる方法を考えました。最終的には、希望ある若者が“不運(ハードラック)と踊(ダンス )”っちまう前に、暴走行為をやめさせるのが狙いです。


▼けろけろけろっぴの特攻服を着てもらう

往年のサンリオ(酸離王)人気キャラが刺繍されている特攻服は、暴走族特有の荒々しさを和らげてくれます。同じサンリオキャラでも、キティちゃんは少しヤンキー臭さが出てしまうので要注意。


▼チームのトレードマークは、さくらももこ(桜桃子)に描いてもらう

あの独特の可愛らしいタッチで描かれたら、恐ろしいドクロマークもほっこり。暴走時も爆音ではなく「ピーヒャラ、ピーヒャラ、パッパパラパー♪」と、鳴らして走りまわればより効果的です。


▼スイミーを演じてもらう

黒いバイク(CB400)に乗った1人を目に見立てることで、暴走族たちは大きな魚を追い払い、岩陰に隠れることなくスイスイ暴走できるようになるはず。子ども達に「他と違うことが決していけないことではない」という教訓を与えることができるでしょう。


▼ルーベンスの絵の前で、愛車とともに横たわってもらう

日本人は、ルーベンス(流鞭棲)の絵の前で横たわっていたらとりあえず泣く人種です。愛車と一緒に横たわったまま「僕、疲れたよ…。なんだかとても眠いんだ…」と呟いてもらいましょう。カワイイ天使(暴走天女)が降り立って、愛車とともに天界へと導かれる光景は、涙腺ユルユル間違いなしの高視聴率ドーンです。


▼メンバーに、マザーテレサ(母照娑)とガンジー(厳児)を加入

これはもう力技です。平和主義者のトップ2が加入している暴走族を誰が責めることができましょうか? ジョン・レノン(序・霊怨)にも加入してもらえれば、効果はよりイエスタデー(昨日)でしょう。想像(イマジン)してみてください。国境(カントリー)も人種(ヒューマン)も関係なく(ノープロブレム)、皆(We Are The One)が手(ハンド)を取り合って釘バット(Love)を振り回せるワールドを。


現役暴走族の方は、是非ひとつだけでも実践してみてください。私はあなたたちが一日でも早く、暴走行為をやめてくれることを願っております。

続きを読む

この記事の元ブログ: 暴走行為をやめさせる第一歩


最新の人気記事はコチラ
きみ、なにバックス?このエントリーを含むはてなブックマーク
『笑点』の観覧時に歌丸師匠の横の席になってしまった場合についてこのエントリーを含むはてなブックマーク
インタビュー MR.SUMIことスミマサノリさんこのエントリーを含むはてなブックマーク
デイリーポータルZさんと喧嘩するこのエントリーを含むはてなブックマーク
フリーイラスト素材だけで「天空の城ラピュタ」このエントリーを含むはてなブックマーク
「月9ドラマジェネレーター」を作ってみたこのエントリーを含むはてなブックマーク
モンスターハンターで学ぶ請求書の書き方このエントリーを含むはてなブックマーク