砂を落とし、風向きを確かめる浅尾美和。敗者復活戦を勝ち抜き、午後の準決勝へ。浦田・西堀組に敗れ、明日の3位決定戦にまわるが、相棒モモちゃん(松山)とともに調子は悪くない。「ホームゲーム」で3位を狙う!(撮影:小崎仁久)
 久屋大通公園(名古屋市)にて開催されているビーチバレー国内ツアー第2戦・大日本印章オープンは14日、第3日を迎えた。敗者復活2回戦、準決勝が行われ、女子は、ともに日本代表チームの田中姿子(エコ計画)・溝江明香(産業能率大)組、浦田聖子・西堀健実組(フリー)が順当勝ち。男子は、開幕戦の雪辱に燃える朝日健太郎・青木晋平組(フリー)と西村晃一・ケーシー・パターソン組(WINDS)が決勝に進んだ。

 浅尾美和(エスワン)・松山紘子(SANDBLOCK)組は、敗者復活2回戦には勝ったが準決勝で敗れ、3位決定戦にまわった。

 「話す気マンマン(笑)」(浅尾)といつにない饒舌さと絶えない笑顔。準決勝に敗れはしたが、下を向くことなく記者会見場に現れた2人。調子の良さと充実感がうかがえる。

 敗者復活2回戦。浅尾・松山は、浦田景子(フリー)・駒田順子(ポイント)組に対し、開始直後から気迫あふれるプレイをみせる。「調子が良かった」と話す松山は、ジャンプサーブでレシーバーを崩し、クロスへのスパイクも効果的に決める。また、常に狙われる浅尾をカバーし、攻守両面で活躍した。

 ここまでレシーブに苦しんでいた浅尾も「レシーブの位置取りを話し合いながらプレイした。コートを分割して、捨てる所は捨てていた」と戦術を徹底。相手が浅尾からポイントを取れないとわかると、サーブの狙いを松山に変更するほど。「課題の立ち上がり」(浅尾)を克服し、第1セットを取った。

 第2セットは浦田(景)・駒田に奪われたが、第3セットは序盤からスパート。松山のサービスエース、浅尾のブロックポイントも飛び出し、15-6の大差でセットを取り、勝利をおさめた。

 続く準決勝は、日本代表チーム、浦田(聖)・西堀にストレート負け。しかし第2セットは中盤までリード。その後、連続失点により失速したが、可能性を感じさせる試合だった。

 浅尾も「課題のひとつ、連続失点が出てしまった。でも、それだけ。こちらが勝手に崩れてしまっただけ」と代表チームを相手に完敗したとは思っていない。「私たちは常にチャレンジャー。少しずつでも上がっていく」と次へ向け、最後にまた笑顔をみせた。