ファミ通文庫「半熟作家と“文学少女”な編集者」発売!

写真拡大

(画像:amazon.co.jp)
”文学少女”シリーズ、最後の物語。エンターブレインより、ライトノベル「半熟作家と”文学少女”な編集者」が発売された。

同作品は、高校生作家雀宮快斗とその担当編集者遠子が織りなす、”文学少女”最後の物語。

ブログなどによると、”文学少女”シリーズで高校生だった天野遠子が、大人になって主人公・快斗の担当編集者として登場する様子。

なお、「半熟作家と”文学少女”な編集者」の価格は630円(税込)。

(C) ENTERBRAIN, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

▼外部リンク
半熟作家と“文学少女”な編集者
半熟作家と“文学少女”な編集者 (ファミ通文庫) [文庫]

■関連記事
コミック「やまちち」第1巻発売!
百合星人ナオコサン「ナオコサン&みすず」フィギュアが8月発売!
「ソウルキャリバーV」ティザートレーラー公開!
着せて脱がせて強くなる!PSP「どきどきすいこでん」発売!
アトラス新作・DS「デビルサバイバー2」公式サイトオープン!