テキスト系妄想メディア「ワラパッパ (WARAPAPPA )」より

〜ダーリンハニー吉川コラム「1番ショートが夢だった」その1〜

僕の趣味は鉄道、プロレス、ベイスターズ。この三本柱が主で、女子っぽい趣味はあまりない。しかし最近は鉄道好きの女子がいたり(惚れてまう)、プロレスファンの女子もいる(惚れてまう)。ベイスターズファンの女子だってもちろんいる(一緒に行きたい)。趣味の話をしているとあっという間に時間が過ぎてしまう。他だと時間は遅いのに。

0001
吉川です。これから月に2回書かせていただきます

僕はかれこれ25年くらい横浜ベイスターズのファンである。厳密に言うと大洋ホエールズの頃からのファンだ。当時は「横浜大洋銀行」と揶揄され弱小チームの代表格だった。しかし小学生の僕はなぜか大洋に魅せられた。シンプルなユニホーム。足の速いスーパーカートリオ。巨人に立ち向かう遠藤のシュート。何だかカッコよかった。その後ホエールズはベイスターズに名前を変え、98年に日本一になる。マシンガン打線とハマの大魔神。あの時の横浜は神懸かり的に強かった。

0002
大洋のシンプルなユニホーム

ベイスターズのユニホームももちろん持っている。レプリカだけど着心地がいい。そこにソックスとアンダーシャツ、ズボンを履くと気分は一気に野球選手だ。僕は少年野球をやっていたけれど完璧な補欠だった。痩せていたので長打が打てず、なのにこだわってスイッチヒッターをやっていた。大洋の1番ショートになるのが夢だったが、大洋は身売りをし僕は芸人なった。人生いろいろ、球団もいろいろだ。

0003
延々使っているメガホン

それにしてもユニホームは本当に気持ちがいい。もともと運動着なので機能性もいいし、何より高揚感がすごい。スーツを着ていると肩がこるけれど、ユニホームはまったくこらない。

ふと思った。

これを着てぷらっと散歩でもしてみよっかな。

0004
装着

0005
腹ごしらえ

僕は暇さえあれば散歩をしている。

歩くのはいい。詰め込むもよし、空っぽにするもよし。

今日はせっかくユニホームを着ているのだから、お洒落な代官山あたりを流してみようかと思う。

0006
いきますか

0007
ぷらぷらと

ユニホームを着て散歩をしてみるといろいろな感情が湧いてくる。たくさん湧いてくるけれど、一番わかりやすいのはやはり「恥ずかしい」だと思う。「ユニホームで恥ずかしい」「みんなと違って恥ずかしい」「野球選手じゃないのに恥ずかしい」「ソフトバンクに移籍した内川選手のユニホーム恥ずかしい」などなど。これはちょっとやそっとの恥ずかしさではない。

0008
堂々と歩いていないとやってられない

内川選手は移籍してしまったので次は石川選手のユニホームを買おうと思っている。僕は吉川なので川が付く選手を好きになりやすいみたいだ。ちなみに現在の背番号2は楽天から移籍してきた渡辺直人選手です。渋くてガッツのあるバッターです。

0009
おしゃれな店

0010
西郷橋

人は僕を振り返る。僕もユニホームを着ている人がいたら振り返ると思う。しかし僕はあきらめない。野球帽をかぶっているおじさんがいるのだから、野球のユニホームを着ている人がいてもいいと思う。

歩いているうちにだんだんと慣れてきて、「自由とはこういうことだ」と少しだけ沸き上がってくるものがあった。世の中にはいろいろな人がいていい。そのいろいろな人に、いま僕はなっている

お洒落な公園、西郷山公園に着いた。

0011
きれいな八重桜だ

0012
僕は自由なんだ

0013
ちょいと休憩

ファッションとはなんだろう。お洒落とはなんだ。ベイスターズのユニホームはお洒落ではないのだろうか。僕は歩きながら迷宮に入っていく。普段なぜユニホームを着ないのか。僕にとってのユニホームはなんだろうか。まともって何だろう。心地いいような、多分にいけないことをしているような。

0014
結婚式場

0015
エジプト大使館を経て

なんだかお腹がすいたのでランチをすることにした。

せっかくだからオープンカフェでランチだ。

0016
春野菜のトマトソース

0017
非常においしい

非常においしかった。油が少なく清々しい味だった。春だ。味から季節がわかるだなんて大人になったものだ。メニュー表に「春」と書いてあったけれど、読まなくたってわかった。

お腹がいっぱいになったのでまた歩き、服屋さんを見てみた。

0018
ふむふむ

0019
いいですね

ユニホーム姿で服を見ているといよいよ訳が分からなくなってくる。「脱ぎたいのかよ」「気に入って歩いてるんじゃないのかよ」「上買っても下と合わないよ」など複数のツッコミを入れたくなる。店員さんが対応に困ると思ったので中には入らなかった。

0020
代官山のメイン

0021
合成したかのよう

高校の下校も重なり、ちらほらと若い女子の声も耳に入ってくる。

「ベ、ベイスターズ?」
「内川?」
「あの人痩せてない?」
「野球へたそー!」

みなさんの?と!を一身に背負い、僕は2時間ほどの散歩を終えた。



ユニホーム散歩をしてみると、僕の球団愛はけっこう深いものだと再確認できた。あなたがもしソフトバンクホークスが好きならばぜひソフトバンクのユニホームで、ヤクルトならヤクルト、阪神なら阪神の恰好で一度散歩してみてください。帽子だけではなく、上下とスパイク、アンダーシャツがあるとベストです。

あと野球が上手そうなオーラがあるともっとベストかと思います。

0022
娘と

続きを読む

この記事の元ブログ: ユニホーム散歩in代官山


最新の人気記事はコチラ
きみ、なにバックス?このエントリーを含むはてなブックマーク
『笑点』の観覧時に歌丸師匠の横の席になってしまった場合についてこのエントリーを含むはてなブックマーク
インタビュー MR.SUMIことスミマサノリさんこのエントリーを含むはてなブックマーク
デイリーポータルZさんと喧嘩するこのエントリーを含むはてなブックマーク
フリーイラスト素材だけで「天空の城ラピュタ」このエントリーを含むはてなブックマーク
「月9ドラマジェネレーター」を作ってみたこのエントリーを含むはてなブックマーク
モンスターハンターで学ぶ請求書の書き方このエントリーを含むはてなブックマーク