パソコンの新世紀Z68時代の幕開け!GIGABYTE、Z68マザーボードをフルラインナップで投入
様々なPCパーツを組み合わせてパソコンを組み立てる「自作PC」は、パソコンがゼロから作れるだけでなく、世界にひとつだけのマシンを手にする喜びも味わえることから、自作PCに手を出す人もいるほどだ。そんな自作PCの世界では、CPUやグラフィックスカード以上に、マザーボードの新製品は注目度が高い。

というのも、いくら高性能なCPUやグラフィックスカードを購入したとしても、それを活かせるか否かはマザーボードの性能次第だからだ。

どこよりも早く最新技術を盛り込んだマザーボードを投入しているGIGABYTEは、「ユーザーとメーカーの垣根を越えた交流!謎の新製品まで登場したGIGABYTEワークショップ」でお伝えしたように、ワークショップを開催した。

その中で詳細を伏せていた「正式発表前の謎の新製品」の情報が、ついに解禁となったので、ここで紹介しよう。

■新機能「Touch BIOS」を搭載したZ68マザーボード
GIGABYTEは2011年5月11日、インテル Z68 Expressチップセットを搭載したマザーボード6製品(ギガバイトZ68シリーズ)を日本市場向けに発売することを明らかにした。いずれの製品も、LGA1155ソケット対応の第2世代インテル Coreプロセッサーに対応しており、5月11日より順次発売を開始する。

今回、発売されるギガバイトZ68シリーズは全機種に、独自の新機能として「Touch BIOS」を搭載している。「Touch BIOS」は革新的なハードウェア制御技術により、システム動作の容易な設定・制御が可能となっており、より快適なPC環境を実現している。

新製品は、下記のエクストリーム・ハードウェア・パフォーマンスモデルとマルチメディア・エンターテイメント・モデルの2種類に大別される。

●エクストリーム・ハードウェア・パフォーマンスモデル
GIGABYTEはインテルが定める最新電源仕様「VRD12」に対応している唯一のメーカーだ。Z68シリーズは100%ピュア・ハードウェアPWMにより応答速度がほぼゼロに近い、遅延のない瞬時のスイッチングが可能となっている。

これにより最新の高性能CPUに最良の電力供給を行いつつ、負荷にあわせてフェーズ数を切り替える、ギガバイト独自の「Dual CPU Power」機能を搭載し、ハイパフォーマンスと長寿命・省電力を実現している。

「GA-Z68X-UD4-B3」はエントリーモデルだ。市販想定価格は2万1,000円前後。エントリーモデルでありながら、2Way SLI / CROSS FIRE Xをしっかりとサポートしている。
「GA-Z68X-UD4-B3」

「 GA-Z68X-UD5-B3」はミドルレンジモデルだ。市場想定価格は2万6,000円前後。「GA-Z68X-UD4-B3」よりも電源フェーズが強化されており、前面ベイ用として3.5" USB3.0ボックスを付属する。
「GA-Z68X-UD5-B3」

「GA-Z68X-UD7-B3」 はハイエンドモデルだ。市場想定価格は34,000円前後。3way SLI / CROSS FIRE Xをサポートしており、USB3.0やIEEE1394などの拡張ポートが充実している。
「GA-Z68X-UD7-B3」

いずれもATX 仕様(305x244mm)の製品となっている。

●マルチメディア・エンターテイメント・モデル
本モデルでは、インテル Quick Sync Video の利用により、家庭やオンラインで動画の作成・編集・同期等を追加ハードウェアのコストをかけずに高速に行える。

加えて、 LucidLogix VirtuGPU Virtualization technologyサポートにより、追加グラフィックスカードと組み合わせて使う事で、3Dゲームや動画のエンコードなど、用途によって使用するグラフィックスを動的に切り替え、パフォーマンスと消費電力の最適化を図る事ができる製品もラインナップしている。

「GA-Z68X-D2H-B3」はエントリーモデルで、MicroATX仕様(244x244mm)の製品だ。市場想定価格は1万4,000円前後。2Way SLI / CROSS FIRE Xをサポートしたほか、GIGABYTEマザーボードの特長でもある「3倍USB給電」やシャットダウン時のUSB充電「On/Offチャージ機能」に対応する。
「GA-Z68X-D2H-B3」

「GA-Z68X-UD2H-B3」はミドルレンジモデルで、こちらもMicroATX仕様だ。市場想定価格は1万6,000円前後。Display Portを備え、SATA 6GやUSB 3.0のポート数が「GA-Z68X-D2H-B3」よりも充実している。
「GA-Z68X-UD2H-B3」

「GA-Z68X-UD3H-B3」はハイエンドモデルで、ATX仕様だ。市場想定価格は1万9,000円前後。PCIEx16×1、PCIEx8×2に加え、PCI-Ex1×3、PCI×2と拡張スロットが充実しており、前述の2製品にないIEEE1394も2ポート備えている。
「GA-Z68X-UD3H-B3」

今回の新製品はいずれも従来のP67/H67に比べ、システム全体のパフォーマンスを大幅に向上させる事が出来るインテル Smart Response Technologyをはじめとした、革新的で優れた最新機能を備えている。マザーボードの購入を検討している人には選択肢のひとつとして入れておきたい製品と言えそうだ。

GIGABYTE公式ホームページ
日本ギガバイト公式ブログ「ギガバイ子日誌」
日本ギガバイト公式Twitterアカウント
facebook GIGABYTEマザーボードテクニカルコラム

【GIGABYTEのPC道場】