YKK AP(株)と、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(株)は、このほどTポイントサービス導入に関する業務提携を締結し、本年6月よりYKK APがパートナーシップを結ぶ全国の建材流通店が開設している窓リフォーム専門の店舗ブランド「MADOショップ」においてTポイントサービスを開始する。対象商品は外窓の「スマートカバー工法」と内窓の「プラマードU」シリーズ。
昨年4月からスタートした「MADOショップ」は現在、北海道から九州まで全国350店舗にまで拡大し、2011年度中に500店舗、将来的には1,000店舗を目指している。こうした販売網の面的拡大と同時に、特に2011年度からは親しみやすく、気軽に相談できる「地元の店舗」づくりに力を入れていく計画である。そこで今回、地域に密着したポイントとしても広く認知されているTポイントサービスの導入を決定した。
「MADOショップ」ではTポイントのノボリやポスターを設置することで生活者向け店舗であることをアピールするとともに、日本総人口の4分の1以上となる3703万人(2011年3月末現在)のT会員とそのデータベースを活用し、生活者に有益な情報を提供する計画である。