「ストリートファイターIII」と言えば、その完成度の高さからファンからの人気が驚くほど根強く、稼働開始から14年たった現在も、このタイトルによるゲーム大会が開催されるなど、格闘ゲームとしては異例の息の長いタイトルとなっています。プロゲーマー梅原大吾(ウメハラ)の名を世界に知らしめた「背水の逆転劇」もこの作品から生まれており、今回のリメイク版でのオンライン対戦も大いに盛り上がることが期待されています。

リメイク版のリリースが待たれる中、カプコンUSAの戦略担当バイスプレジデントであるChristian Svennson氏が「ストリートファイターIIIはこれまでに開発されたカプコンのダウンロードコンテンツの中で最もリッチなものになるだろう」という旨の発言をしたとのこと。E3(Electronic Entertainment Expo)での発表をほのめかす発言もあり、期待が高まります。

詳細は以下から。Street Fighter III: 3rd Strike Online Edition Is Capcom USA's Highest Budget Digital Title | Siliconera

今回の内容は、カプコンのファンコミュニティ向けのライブストリーム番組「Ask Capcom」の中で、Christian Svennson氏がコミュニティマネージャーであるSeth Killian氏の質問に答える形で発言されました。ムービーの34分頃からストリートファイターIIIについての会話が始まります。

Ustream.tv: ユーザー capcomunity: Ask Capcom Live, Recorded on 5/6/11. その他


Svennson氏は「4週間後には情報が殺到するはず」と、6月に開催されるE3での情報開示をほのめかす発言。まだリリース時期も発表されていないリメイク版ですが、もしかすると来月のE3で発表があるかもしれません。

さらに「現在、ストリートファイターIIIについては、これまで我々が開発した(ダウンロード版の)タイトルの中で最大の予算を持って開発に臨んでいる。予算については『Super Street Fighter II Turbo HD Remix』を越えるものになっている」と発言。かなりの改修が行われていることもにおわせます。

Svennson氏は「『お金がかかってるってことは、スプライトを描き直してるの?』という質問があったが、その通り、スプライトはHD Remixのために全部新たに描き直している」とも語っており、HD対応に向けて大幅な描き直しが行われているようです。

「Super Street Fighter II Turbo HD Remix」の際は、Udon Entertainmentがアートワークの完全な描き直しを行っており、ゲーム中のグラフィックに関してもHD仕様に換装、ゲームバランスにもゲーマーたちの意見を取り入れてかなりの調整が入り、「これまでで最も費用のかかったダウンロード版タイトル」となっていましたが、ストリートファイターIIIはこれを越えるものとなるとのことで、果たしてどんな内容になるのか期待が高まります。

また、リメイク版ではオンライン対戦も実装される見込みですが、ストリートファイターIIIの対戦と言えば思い出されるのはやはり「Evolution 2004」で行われた梅原大吾(ウメハラ)とジャスティン・ウォンによる対戦。圧倒的不利な状況に追い込まれたウメハラのケンに対し、「レッツゴージャスティーン!」の声援を受けてジャスティンの春麗が鳳翼扇を放ちますが、ストリートファイターIII独自のシステムである「ブロッキング」を通常では考えられない精度で連続使用して回避、会場も大興奮の逆転劇を演じました。

YouTube - 背水の逆転劇


オンライン対戦ではラグが発生するため、ブロッキングなどの極めてシビアなキー入力タイミングを要求される技術を駆使するのは難しいのではと懸念されますが、ウメハラ氏は「スーパーストリートファイターIV」のオンライン対戦で「中→中→中→大」というコンボを決めて驚くべき目押し精度を発揮しており、これだけの精度があればオンラインで伝説的な回避を実現することも不可能ではないのかも知れません。問題のシーンは下のムービーの17分40秒付近から。

【裏・顔TV】ニコ生にウメハラ襲来vsときど 3【(;・3・)〜♪】 ‐ ニコニコ動画(原宿)


・関連記事
ストリートファイターシリーズについてあまり知られていない20の秘密 - GIGAZINE

「ストリートファイターIV」や「マーヴルVS.カプコン3 フェイト オブ トゥー ワールド」のプロデューサーが開発の裏話を公開 - GIGAZINE

最も美しい闘う女性ゲームキャラクタートップ25 - GIGAZINE

記事全文へ