7/16にオープンする富士急ハイランドの新・大型コースター「高飛車」 ※完成イメージ図

写真拡大

7月16日(土)、富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)に、総工費約30億円を投じた大型ローラーコースター「高飛車(たかびしゃ)」が登場! ギネス世界記録に申請中の世界最大となる“最大落下角度121度”や凄まじい加速など、魅力満載の新顔アトラクションだ。

【画像】ベールに包まれた建設中の「高飛車」を一部公開!

「高飛車」は、リニアランチ方式による“直線加速”と、垂直巻き上げによる“落下”の2種類の加速が楽しめる、8人乗りの単車両(前列4人、後列4人)を採用したコースター。リニア加速システムによって約2秒で100km/hに達する直線加速では“風を切るほどの加速感”を体感でき、垂直巻き上げでは空を見ながらの姿勢で約43mのタワーを一気に上昇。さらに、直後の“落下姿勢のまま一時停止”、“最大角度121度のえぐるような落下”など、次々と絶叫体験が待ち受ける。

「『富士急ハイランド』が送り出す5年ぶりの大型コースターです。今回もギネス級の絶叫をお届けするので、楽しみにしていて下さい! 特に、リニアランチ方式による直線加速と、垂直巻上げによる落下という2種類の加速が楽しめるのが魅力ですよ!」と話すのは、広報担当の早川さん。

このほか、プラットホームをスタートした直後に建物内の暗闇を走行したり、全長約1000mのコース全体を通じて7か所の“ひねり”が楽しめたりするのもポイント。加えて、恐怖の“最大降下角度121度”がギネス世界記録に認定されるかも気になるところだ。

「高飛車」の登場で、「FUJIYAMA」「ドドンパ」「ええじゃないか」と合わせ、4大コースターがそろう富士急ハイランド。この夏、ギネス級の絶叫体験を“はしご”して楽しんじゃって!【東京ウォーカー】

【関連記事】
富士山から湖まで! 山中湖にポップな“水陸両用バス”が登場 (東京ウォーカー(全国版))
シンデレラになりきる!? 東京ディズニーランドの新アトラクション体験してみた (東京ウォーカー(全国版))
エヴァで日本を応援! 富士急が入園料の一部を義援金に (東京ウォーカー)
日本初の“エヴァ部屋”も登場! 富士急の“エヴァ化”が止まらない (東京ウォーカー)
シンジ気分!? 富士急ハイランドの“実物大エヴァ”現地リポート (東京ウォーカー(全国版))