(ネタバレ注意)TVアニメ「シュタインズ・ゲート」第6話、偉大な実験が生み出すもの。

写真拡大

(画像:amazon.co.jp (C)2009-2010 5pb. Inc./Nitroplus
(C)2011 5pb./Nitroplus 未来ガジェット研究所)
第6話「蝶翼のダイバージェンス」TVアニメ「シュタインズ・ゲート」第6話が放送された。
 
SERNへのハッキングに成功したダル。そして岡部は、未来ガジェット研究所にラボメンを集め、円卓会議を開催する。

そこで話し合いの末、彼らが偶然発見した”過去へ送れるメール”を「Dメール」と命名。
 
そして、特定の時間帯に「電話レンジ(仮)」が放電現象を起こすことで、Dメールが送られると仮定し、その検証を早速行うのだった。

過去を司る女神作戦(オペレーション・ウルド)。「電話レンジ(仮)」にいれたバナナはゲルバナとなり、紅莉栖が送った岡部宛メールは、5日前の日付で届いた。
 
失敗を重ね、実験・検証を繰り返したのちに、ようやく実験は成功を収めました。しかし岡部は、その実験の、そしてSERNの秘密に戸惑いを見せるのでした。

マッドサイエンティストを名乗り、好奇心でタイムマシンの秘密に近づく岡部。しかしそれは、彼だけではなくラボメン全員を巻き込む事になります。
 
それでも進み続ける岡部は、そしてラボメン達の運命は…?
 
さらに、IBN5100を探し続ける謎の女性・桐生萌郁。未来ガジェット研究所へ訪れた彼女の目的は何なのでしょうか。

次回は第7話「断層のダイバージェンス」です。

▼外部リンク
シュタインズ・ゲート
STEINS;GATE Vol.1【初回限定版】 [Blu-ray]

■関連記事
震災復興応援企画WEBサイト「てをつなごう。」
【ニコニコ動画】人類VS(´・ω・`)よろしい、ならば戦争だ
「スフィア」アニメ花咲くいろはED曲『Hazy』発売!
【セガカラMelody】AKB48から派生した人気ユニット“フレンチ・キス”3rdシングル発売記念キャンペーン
【懐かしいゲーム特集】「オーダイン」(アーケード版)