西友、ドン・キホーテなど″節電ビズ″商品が続々

写真拡大

 全国的に省エネ・節電が注目される今夏を控え、西友やワールド、ドン・キホーテなど各社がこぞって新商品を提案している。服の軽装化など"節電ビズ"を呼びかける企業が相次ぐなか、機能性肌着・インナーウェア市場に着目。クールダウンをキーワードにした汗のベタ付きやムレを防ぐ高機能な商品が続々と発売されている。

西友、ドン・キなど"節電ビズ"商品が続々の画像を拡大

 節電対応で電車やオフィスのエアコンを控えめにするなど、例年以上に厳しい暑さが予想されている今夏。東京証券取引所は、これまでのビジネススタイルではなくポロシャツなどのカジュアルな服装での出社を推奨することを発表した。このような"節電ビズ"の動きを受けて、各社が提案する高機能インナー市場に注目が集まっている。

 西友では、2009年の発売以来大好評の機能性肌着「エコサラ」(797円〜/税込)を発売。西友が独自開発した「エコサラ」は、軽くてサラリとした着心地で汗を素早く吸収・放出することでベタ付きやムレを防ぐ。デビュー3年目となる今年はインナーウエア部門の主力商品として品揃えを大きく充実させており、レディース、メンズに加えキッズを新たに展開し、2010年の倍以上となる21型を用意する。

 ワールドは、機能素材インナーウエア「アイスビート」(1,260円〜/税込)の新商品を発表。接触冷感と吸水速乾でひんやり・サラサラな「アイスビート」シリーズに力を入れ、これまでの接触冷感、ドライ、UVケア、ストレッチ、マシンウォッシャブルの機能性に加え「銀イオン」の働きによるデオドラント機能を追加している。

 また、ドン・キホーテのプライベートブランド「情熱価格」は「ドン・キホーテ×グンゼ 2P消臭・抗菌防臭・吸汗速乾鹿の子編みシャツ」(980円/税込)、「ドン・キホーテ×グンゼ レディースDRY&モイストキャミソール」(790円/税込)を発売。消臭・抗菌防臭・吸汗速乾の機能があり、汗をかいても乾きやすく嫌な臭いを防止してくれるインナーは空調に頼れないこの夏を快適に過ごすための必需品。「洗濯を繰り返しても消臭効果が落ちにくい」、「乾燥肌に優しい保湿加工」というところが特徴となっている。

 このほかにも、イオンが着心地を追求した「トップバリュ クーリッシュファクト」(780円/税込)を発売。昨年600万枚売れたというヒットアイテムを今年も約900店舗で販売する。「ユニクロ」では、JR池袋駅構内に「サラファイン」と「シルキードライ」の専用ショップ「UNIQLO POP UP STORE 池袋駅店」を構えるなど"節電ビズ"商戦が加熱している。