手書きメモをデジタル化できる『ショットノート』がAndroidに対応 新アイテムも発売へ

写真拡大

『iPhone』を使って手書きメモをデジタル記録できるノートとして話題になった、キングジムの『ショットノート』がついにAndroidにも対応、さらに新アイテムを追加します。新アイテムはリングノートタイプ、ルーズリーフタイプ、貼ってはがせるタイプの3種類で6月10日に発売、Android向けアプリ『SHOT NOTE Android』(無料)の配信は6月下旬予定です。

『ショットノート』は、“手書きメモをすっきりデジタル化”をコンセプトに開発された、手書きメモとスマートフォンが連携する次世代文房具。対応するアプリを利用して手書きメモをスマートフォンで撮影するだけで、保存や整理が簡単なデジタルメモとして活用できます。今回は、これまでの『iPhone』に加えて新たにAndroid向けの対応アプリ『SHOT NOTE Android』を無料配信。アプリ対応端末は、NTTドコモ『Xperia(OS 2.1)』と『Galaxy S(OS 2.2)』を予定しています。

キングジム『ショットノート』を『SHOT NOTE App』で読み取り専用アプリ『SHOT NOTE App』または『SHOT NOTE Android』を起動して手書きしたノートを撮影すると、『ショットノート』の四隅にあるマーカーを読み取り自動でトリミングして、台形補正や色補正、サイズ補正を行い画面ぴったりにデジタル化。デジタル化したメモの右上には日付と番号が自動的に入るほか、検索用にタグを付加することもできます。

キングジム『ショットノート』『ショットノート』から取り込んだメモは、アプリ上で保存や整理が可能。メールで送ったり、『Evernote』に投稿して保存することもできます。これまでのラインナップに、横罫線のリングノートタイプ『ショットノート(ツインリングタイプ)』、学生向けにルーズリーフタイプの『ショットノート(ケース付きルーズリーフタイプ)』、メモを手帳やノートに貼って一時保管できる『ショットノート(貼ってはがせるタイプ』の3種類の新アイテムを追加発売します。

キングジム『ショットノート』『ショットノート(ツインリングタイプ)』はS、M、L、LLの4サイズで、価格はそれぞれ315円、420円、577円、630円(いずれも税込み)。『ショットノート(ケース付きルーズリーフタイプ)』はA5とB5の2サイズで、価格はそれぞれ315円、367円(いずれも税込み)、『ショットノート(貼ってはがせるタイプ』はピンク、黄、緑、白の4色で価格はそれぞれ357円(税込み)です。
 

 

■関連記事
次世代文房具? 手書きメモを『iPhone』でデジタル化する『ショットノート』
手書きメモをPCにBluetoothでリアルタイム転送可能に デジタルペン『airpenPocket』発売へ
『iPad』で使いたい“電子文房具” 無印良品のノートやカレンダーがアプリに!
万年筆が楽しくなる! 好きな色のインクを無限に調合できる『ミックスフリー』
シャープからトンボ鉛筆『MONO』デザインの電卓