お金をかけずに音楽を楽しむ方法「ネットで楽しむクラシック超入門」

写真拡大




●ネットで楽しむクラシック超入門
お金をかけずに音楽を楽しむには――答えは簡単。クラシックを好きになればいい。クラシックは無料で演奏音源をダウンロードして楽しめるばかりではなく、楽譜も無料でダウンロードして使える。クラシック音楽とネットの相性は意外や意外、かなり良いのです。しかもクラシックは時代を超えて愛されてきたものですから、一度その楽しさがわかれば、一生モンです。そんなクラシック音楽を楽しんでみませんか、というわけでこれまで”ノーマーク”だった方のために無料で楽曲をみつけて楽しむ方法や、具体的なオススメ楽曲の一覧をつくってみました。

●クラシックは音楽の冒険者達の足跡

モーツァルトが現代に生まれていたら、電子音楽にはまっていたんじゃないかなと思う。そしてボーカロイドにもめちゃめちゃ興味持ったんじゃないでしょうか。もちろんこれは勝手な想像です。でも、少なくともこれだけは間違いないと言えます。モーツァルトは天才的な演奏者であると同時に時代の最先端を走る音楽の創造者だった(当時)。誰も聴いたことのない独自の音楽をこの世に生み出した。そんな彼が現代の電子楽器と音楽ソフトを手にしたら一体どんな音楽をつくりだしたのだろう。好きな音色を好きな数だけ操って自分の納得のいく音を追求し、完成させた音楽はどのようなものに進化していったのだろうか。ちょっと聴いてみたい。モーツァルトに限らず、偉大な作曲家は皆古きよき物を大切にしつつも挑戦者であり、開拓者だった。クラシックというと保守的なイメージがあるかもしれないけど、これら音楽の歴史は音楽の先駆者達の足跡でもあるわけです。最新の音楽を追いかけるのも楽しいかもしれませんが、かつて音楽の冒険者達がたどってきた「最先端の音楽(当時)」の道を一緒に旅してみるのもとても楽しいものなんではないでしょうか。

●クラシックはすべて無料

音楽に満ち溢れている昨今、お金をかけずに音楽を楽しむ方法はいくつかあると思うけど、最も確実に、お金を使わずに豊かな音楽ライフを一生続けようと思ったら、一番の近道は「クラシックを好きになること」だと思います。なんだかお金がかかるイメージがあるとすれば、それはまったくの勘違い。今や音源も楽譜も、全部無料で手に入ります。敷居が高いと勘違いされているクラシックだけど、知らない間に耳にしている楽曲も多くあり、しかも世界共通、世代を超えて話題にできる「楽しくてためになる」ものなのです。脳天気な楽曲から重々しいもの、涙を誘うもの、思わず勇気がわいてくるもの、理解不能なものなど、バリエーションも豊富。教科書や雑誌は教えてくれないけど、実はネットでリンクをたどりながら、クラシックをきままに聴く、ってのは本当に楽しいですよ。気に入れば、そのままダウンロードして保存し、iPodやウォークマンにいれて外へ持ち出せます。聴ききれないほどの数の名曲、名演。いつでも音楽にひたっていることができます。これが全部無料で実現可能です。

●クラシックはそもそもお金がかからないのだ

そもそもクラシックは、CDでもiTunesのストアでも、他のジャンルに比べて価格がやたらと安い。普通邦版CDといえば3500円程度だけど、クラシックの場合、著名アーティストの新譜でも2000円前後。古い名演シリーズなら千円を切る価格で入手可能。さらにiTunesストアだと70曲入りで900円というシリーズが人気だったりする。なんと1曲12円。

もちろん、どんな趣味でもお金をかけだしたらキリがないですが、クラシックの場合このようにもともとそんなにお金がかかりませんし、さらにネットをうまく使えば、お金をかけなくても名曲名演に触れることが可能です。

オーボエです

●クラシックの演奏音源は無料で手に入る

そして今やネットには無料のクラシック音楽が溢れてます。ダウンロードできるものも沢山あり、もちろん違法じゃありません。50年以上前に演奏され発売されたものはパブリックドメインといって、権利が切れており、みんなの共有財産として、好きなように聴くことができるのです。クラシックの楽曲といえば歴史のあるものが多いですから、クラシックの著名な楽曲は、ほとんど自由に聴ける状態となっている、というわけです。クラシックも古くはMIDIファイルを中心に取り扱われていましたが、ブロードバンドの時代に入ると、演奏を録音されたもの自体がMP3などに変換され、共有されるようになってきました。いわゆる名演といわれる録音も聴くことが可能になり、こうなってくるとレコードを買うよりネットで探した方が早くて便利だったりします。「あの曲聴きたいなー」と思ったら検索してすぐ手に入る。また、音源ファイルに限らず、演奏家自らが演奏会の動画をYouTubeなどの動画共有サイトにアップロードするケースも増えてきており、演奏動画付きで音楽を楽しむことも可能です。そうやって多くの曲を聴いているとだんだん演奏会なんかにも行きたくなってくると思います。もちろん無料の演奏会もありますが、そこはそれ、好きな曲目の好きな演奏家の演奏会へ、ちょっとお金を払ってでも行ってみるとよいと思います。また、50年以上前の演奏を繰り返して聴いていると、「最近の演奏家はどのように演奏してるんだろう?」というのが気になってくると思います。そしたらレコード屋さんにふらっと行って、CDを買ってみるのもよいと思います。最近は試聴もできますので、試聴コーナーで聴きまくって(クラシックコーナーはたいてい空いてます)、気に入ったのを買ってください。普段は無料で楽しんで、たまにそういう買い物をするのも楽しいものです。

●楽譜も無料でiPadに入れて持ち運ぶ

クラシックだと、楽譜すら無料で手に入ります。楽譜のダウンロードサイトがあって、そこでPDFファイルが手に入るようになっています。オーケストラ全体の楽器ごとの楽譜(パート譜)まで。そしてそのファイルをiPadに入れて持ち運ぶことができます。iPadに対応した楽譜表示用のソフトウェアも存在します。さらに、足で踏む「フットスイッチ」をつけて、演奏しながら楽に譜めくりができるような装置もあったりします。

●クラシックを聴くきっかけや楽しみ方はいろいろある

クラシック音楽を楽しむきっかけはいろんなところに転がっています。クラシックは映画やゲーム、テレビなどでも多く使われているので、たまたま耳にした曲をきっかけに他の曲を探していってもよいと思います。また、友達に思い出のクラシック楽曲をたずねて、それを聴く、というのもいいですね。なにかストーリーとセットにして聴くと、入り込みやすいです。また、好きな作曲家や好きな演奏家を見つけて集中して聴く、といのもいいですね。

アリス=沙良・オット演奏 リスト「ラ・カンパネラ」

美しすぎるピアニスト。笑顔がまた素敵。


ランラン演奏 ショパン「練習曲作品10第3番 別れの曲」

ピアニストのランランさんは、ピアノの弾き方が独特です。まるで音楽が乗り移っているよう。

●まだまだある、クラシックを楽しむきっかけ
クラシックの偉大な作曲家や演奏家は歴史上たくさんいますが、それらの生誕○周年記念とか没後○年記念といったイベントは毎年おこなわれています。言葉は悪いですが、偉大な作曲家はみんな死んじゃってますので、こういう話題には事欠かないわけです。例えば昨年2010年はグスタフ・マーラー生誕150周年メモリアルで、今年2010年はマーラー没後100年メモリアルイヤーでした。今年はリストの生誕200周年でもあります。メモリアルイヤーにはその作曲家の特集がテレビ・ラジオ・CD屋さんなどでおこなわれ、演奏企画もあったりしますので、ブームに乗っかっちゃうというのも手です。
また、「著名なあの人がこの曲を聴いてた」というのを調べて聴くのも楽しいですね。宮崎駿監督が「崖の上のポニョ」を製作するときに聴いていたというワーグナーの曲はこれです。

※以下、多数の楽曲紹介と楽曲へのリンク、さらに多数のクラシック楽曲を収録したサイトや楽譜検索サイトの紹介が続きますが、リンク多数のため、記事をガジェ通サイト以外でご覧の方は、このリンクよりガジェ通サーバーの記事へジャンプしてご覧ください。



■関連記事
『古賀プラン』文字おこし全文――「原発事故賠償」「東電破綻処理」「発送電分離」など
「これは、君の本じゃないから」と出版社の人に言われたんです 『佐藤秀峰』連続インタビュー
「こだまでしょうか」ACのコマーシャルに登場する 金子みすず の詩と背景について「いいえ、誰でも」
私たちに何も知らされないまま、放射性物質は拡散していた―― 隠されていたSPEEDI情報やっと公開
東電の救済は「電力自由化」とセットじゃないとおかしい