謎の『エルシャダイ』文字が解読される

写真拡大

プレイステーション3とXbox360で発売され人気を博しているテレビゲーム『エルシャダイ』(イグニッション・エンターテイメント)。登場キャラクターやセリフが独特で、発売前から大人気だった『エルシャダイ』ですが、実におもしろい情報が入ってきました。

ゲーム中に登場する意味不明な文字が解読されたのです。その文字はエルシャダイ文字といわれており、梵字(ぼんじ)や他国の文字のような形状をしています。しかしエルシャダイ文字には法則があり、文字の形は違うものの、日本語のひらがなと同じ法則で成り立っているらしいのです。

エルシャダイ文字を解読していくと、日本語であらゆる言葉が書かれていることがわかりました。ここには詳しく書かないでおきますが、「だいじうぶだもんだいない」や「なかなかやるじないか」などの定番のセリフもエルシャダイ文字として載っているとのこと。ルシャダイ文字では、小さい「ょ」や「ゅ」は表現しないようです。

おもしろいと思った人は、『エルシャダイ』の公式サイトをチェックしたり、実際にゲームをプレイしてエルシャダイ文字を探ってみるのもおもしろいかもしれませんよ。なかには、とんでもない言葉が記されているらしいのですが……。ちょっと危ない内容もあるようなので、ここには掲載できません。

画像: エルシャダイ公式サイト

■関連記事
メロンパンとカレーパンはどっちがパンとして優れているか?
『ニーア ゲシュタルト』開発者がゲームの体験版配信に言及「デモ版だけで満足してしまう」
見ているだけで癒やされる「雪ではしゃぐニャンコ動画」
ネットユーザー大絶賛! 「転がりっぷり」に定評のある猫
ブルブルふるえるダイエットマシーンの上で寝る猫がカワイイ