ノンフィクション作家が驚いた、政治家の“とんでもない発言”

写真拡大

 2年間、47ヶ国のバックパックの旅をまとめた『インパラの朝』で第七回開高健ノンフィクション賞を受賞した中村安希さんの最新作となる『Beフラット』(亜紀書房/刊)は、18人の若手政治家へのインタビューを通し、日本の政治の現状と政治家たちの「本音」をえぐり出した一冊だ。
 「もともと政治に興味がなかった」という中村さんが、インタビュー中に対面した政治家たちの言葉に、これからの日本を担う若い世代は特に耳を傾けておくべきだろう。
 今回はそんな中村さんにインタビューの舞台裏についてお話を聞いた。前後半の2回に分けてその様子をお伝えする。


■中村さんがびっくりした「とんでもない政治家の発言」

―まず、本書を執筆した経緯からお話しいただけますでしょうか。

「今回18人の政治家の方にインタビューをしたのですが、実はこの話をいただくまでは、そんなに政治に対して興味はなかったんです。でも、お話をいただいたとき、私みたいな政治をあまり知らない、政治ジャーナリストではない人間が永田町に突入して話を聞いたとき、どんなことが分かるのだろうかという純粋な興味があったんですね。読者としてそれを読んだら面白いかも知れないって。それが動機ですね」

―こんな本があったら読んでみたい、という興味ですね。

「そうです。一般人が見る政治家って、国会を通してだったり、記者クラブを通してだったりというケースが多いですよね。だから、どこか構えているし、本音は出てきません。そういう中で、いわゆるコテコテの政治ジャーナリスト以外の人がインタビューに来たとき、政治家はどんな顔を見せるのだろうかと思ったんです。特にこの仕事を受けた頃、小沢一郎さんの『政治とカネ』の問題がクローズアップされていて、政治系のニュースってそればかりだったんです。でも、私はもっと違う角度で話を聞きたいと考えていました」

―本書を書く前に『インパラの朝』という海外の紀行文を執筆されていましたが、海外では、日本の政治情勢はどのように伝わっているのですか?

「ほとんど伝わってこないですね、日本の政治情勢は」

―1年に1度くらいのペースで総理大臣が変わっていたりしますけど、ほとんどないのですか?

「国によって違いますけれど、おおかたは一瞬ニュースになるくらいですね。アメリカの大統領選挙などは、世界に対する影響力も大きいからクローズアップされますけど、日本の場合は特別な問題として取り上げられることはまずないです」

―私自身も20代後半で、中村さんとはほぼ同世代になるのですが、本書では私たちと同じ目線で、率直に政治家に話を聞いているという印象でした、特に私たちの世代は経済成長をほとんど知らないですよね。

「そうなんです。ずっと不景気(笑)」

―なおかつ、人口も減少していく、年金も破綻する。厳しい時代だと言われ続けて育ってきた。そうなると、上の世代の人たちとは全く相容れない価値観も生まれてくると思うのですが、政治家の間でもそういった、考え方のギャップみたいなものはあるのですか?

「ありますね。特にバブル崩壊後に社会に出た世代とそれ以前に社会に出た世代では、温度差は相当あると思います。40歳以下の人の方が、『自分たちは崖っぷちにいる』ということを強く認識しています。
それから当然、若い世代の方が先が長いですから、将来の見え方が全然違ってくると思いますよ。今はまだ大丈夫だとしても、将来問題が起こったときに割を食うのは若い自分たちですから」

―原子力発電所で放射能漏れが発生した際、「ただちに健康に影響は出ないレベルです」という言葉がありましたが、あれは若い世代のことを一切考えていないように思いました。

「そうですよね。『じゃあ、いつかは出るの?』って。私は今31歳で、ちょうど子育て世代なんですよ。だから私は、小さな子どもがいる人とか、妊婦さんには、一番に逃げろと言いましたね。10年後に影響あると分かってからじゃ遅いですし」

―でも、若い世代が新しい社会を構築していかないといけない、引っ張っていかないといけないのに、この本ではちょっと信じられない政治家の言葉も散見されます。自分の信念を曲げて選挙のスローガンを考えたり、政治家としてのビジョンはないと言ったり……。

「びっくりしますよね。彼らは本当にそう思っているんですよ。実は、そういう政治家の批判を書いても意味がないと思って、最初は除外していたんです。でも、今の国会議員の総数722人がどういう人たちかを公平に映し出す本にするためには、書くしかないのかな、と(笑)。
ただ、皆さんには正直に話していただいたと思います。私が政治ジャーナリストではないから、向こうも警戒心を解いてくれていたのかな。『先生、教えていただけますか?』って聞いていったら、もうボロボロと本音を話してくれて」

―実際に政治家の皆さんとお話をされてみて、ギャップみたいなものも感じましたか?

「私自身、政治に興味はなくて、選挙に行く際にも、今回は民主党にしようとか、今回は自民党にしようとか、その程度でした。
それで取材の前に、政治家ってどんな人たちなんだろうと思って調べ出したんですが、意外に情報が少ないんですね。で、どういうわけか、あやしい政治家ほど、宣伝が上手かったりするんです(笑)。彼らのホームページを見ると、それがすごく分かりますね。聞く者の耳に心地よく響く言葉を使っていて、演説もすごく上手い。厳しいこと言いませんからね。でも、会って話してみると、しっかり現実を見据えている、考えていると感じた政治家は、それなりに言葉も厳しくなるんですよ。厳しい時代なんですから当然です。ただ、内容もそれなりに厳しいものになるので、あまり一般にはウケないでしょう。それはインタビューの中で特に感じたことです」

後半「投票に行くことが、社会を変えていく第一歩となる」へ続く


【関連記事】 元記事はこちら
報道されない中国人の本音
日本はもう“経済成長”をしない?
コラムニスト・勝谷誠彦が日本の政治家を一刀両断

【新刊JP注目コンテンツ】
報道されない中国人の本音
日本はもう“経済成長”をしない?
コラムニスト・勝谷誠彦が日本の政治家を一刀両断
サイン本もプレゼント!『Beフラット』特集ページはこちらから